SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

月額1万円〜KARTEのEC向けエントリープラン カゴ落ちなど目の前の課題解決と並行しCX基盤構築へ

 KARTEのEC向けエントリープラン「KARTE Entry Series for EC」。ECサイト改善のための“鉄板”シナリオや必要な機能を、初期設定を含めた運用リソースとセットにし、導入しやすい価格で提供している。「KARTE Entry Series for EC」について、プレイドのふたりに詳しい話を聞いた。

KARTEのノウハウを詰め込んだEC向けエントリープラン登場

 プレイドでは2015年より、サイトやアプリの訪問者の行動や感情をリアルタイムに解析し、1人ひとりに合わせた体験の提供を可能にするCXプラットフォーム「KARTE」を提供している。そのKARTEのラインナップに、2021年9月、EC向けのエントリープラン「Entry Series for EC」が加わった。

 リソースやノウハウ不足からサイト改善に着手できずにいたEC事業者向けに、手軽に導入・運用を始められ、成功体験につながる成果を得やすいことを目指して設計・開発された。月額1万円〜と、価格面でもハードルを下げている。

 カゴ落ち対策「カートパッケージ」、販促施策が充実した「キャンペーンブースト」、商品を見つけやすくする「サーチアシスト」など全6種類以上の魅力的なパッケージが用意され、EC事業者ごと、最優先で改善に取り組みたい課題から着手できるような仕組みになっている。

 「KARTE Entry Series for EC」について、サービスの責任者であるプレイドのふたりに詳しい話を聞いた。

Entry Series for EC

ECサイト改善の鉄板施策を手軽に導入、素早い成功体験へ

 “サイト体験をおまかせ改善。小さくはじめられて、すぐに結果が出る”をコンセプトにリリースされた「Entry Series for EC」。サービスの責任者である清水さんは、開発背景をこう語る。

 「ECサイトは少人数で運営されており、サイト改善について、取り組みたいけれどなかなか着手できていない事業者様も多いのではないでしょうか。リソースやノウハウ不足であっても、最初の一歩を踏み出していただくお手伝いができればと、『Entry Series for EC』を立ち上げました」

 プレイドでは、ウェブ接客を皮切りに2015年から「KARTE」を提供。CX(顧客体験)向上のための機能アップデートを重ね、数百プロジェクト・数万シナリオを実装し、ユーザー企業とともにノウハウを蓄積してきた。その経験から、実績のある“鉄板”シナリオや必要な機能を選り抜き、「明確な成果を素早く得ること」を目的として作られたのが「Entry Series for EC」である。

 カゴ落ち対策「カートパッケージ」、販促施策が充実した「キャンペーンブースト」、商品を見つけやすくする「サーチアシスト」など全6種類以上のパッケージが提供されており、EC事業者は最優先で解決したいものから順に導入していけば良い。その際、システムやシナリオの初期設定をプレイドに任せることができるのも特徴だ。

 「従来、サイト改善にリソースを割けずにいたのであれば、ノウハウも足りていない。システム周りを外部に委託しているのであれば、さらにハードルは上がります。その状態で新しいことに挑戦するのは、とても難しいことですよね。『Entry Series for EC』では、セットアップや運用をプレイドにお任せできるマネージドサービスを取り入れており、専門的な知識やツールのスキルをお持ちでなくとも始めることができます。いずれ体制を整えてインハウス化するにしても、最初の数歩はプレイドにお任せいただいたほうが軌道に乗りやすいのではと考えました」

清水博之さん
株式会社プレイド Customer Experience Designer 清水博之さん

 料金体系は、最安のパッケージであれば月額1万円に加え、ECサイトの売上に応じた従量課金制度となっており、導入を検討しやすい。

 「企業様によっては『ECサイトは安く、簡単に運営できるもの』と認識され、サイト改善に対し、リソースや予算をサイト改善に割くことが難しいため、KARTEのご利用を断念されていたEC担当者様もいらっしゃいます。そのような場合にも『Entry Series for EC』はおすすめです」

次のページ
カゴ落ちメールだけでなくカート周りの体験向上、売上アップへ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11033 2022/03/16 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング