SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

新しいコマースを作ろう ShopifyなどEC総合支援のコマースメディアが描くEC運営者のキャリア

 Shopifyでの自社ECサイト制作や楽天市場をはじめとするモール運営代行など、EC総合支援会社として知られるコマースメディアが事業を拡大すべく、さまざまな職種で積極採用中だ。コロナ禍、DX推進でECは盛り上がりを見せるが、ECのプロフェッショナルであるコマースメディアは何を目指すのか。代表取締役 井澤孝宏さんに話を聞いた。

いち早くShopify、モール運営は幅広く コマースメディアの強み

 2016年5月に設立されたコマースメディア。社名は「商売の媒介者」を意味する。同社がメディアとなって発信し、購入者やEC運営者に有益な情報を届けたいという思いから名付けられた。創業から約6年、ゴーゴーカレー、オリオンビール、ブラックサンダー(有楽製菓)、澤乃井、ANA公式 ギフトショップなど、常時30〜40のEC支援を並行して行っている。

 ECサイト制作・運用・物流まで、ワンストップでEC支援を行うのがコマースメディアの特徴だ。それぞれに特化した支援会社もあるが、コマースメディアは一気通貫であることを強みとし、こだわりを持っている。

「当社がEC事業を支援する目的は、売上に貢献するためです。売上に貢献するには、一気通貫であることが有効だというのが私の考えです。とくにバックヤードは重視していて、複数の提携倉庫と良い関係を築くことを大切にしています。また、南大塚の本社では物流倉庫も併設し、自社ECの商品のピックアップから梱包、発送まで行っています」(コマースメディア代表・井澤孝宏さん、以下同)

 自社ECだけでなく、モール運営にも造詣が深いのが同社の特徴である。

「いずれかのモールの専門家は少なくありませんが、コマースメディアでは楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングの三大モールはもちろん、その他の中規模モールにも幅広く対応し、越境ECのご支援も承っています。コロナ禍でEC市場が伸びましたが、従来、自社EC対モールの流通総額が3.5対6.5だったのが、3対7になりました。消費者のモールに対するニーズは高いのです。昨今のモール手数料は高く、使いこなすにはEC事業者側の熟練度が求められますが、結果的にROASは良いと言えます。コマースメディアがご支援させていただいている割合も、自社ECとモール運営代行が半々という比率です」

 着実に実績を積み重ねてきたコマースメディアだが、業界外からも脚光を浴びるようになったのは、カナダ発のEC構築サービス「Shopify」の活用にいち早く着手したことが大きい。2017年に国内3社目となるShopify Expertsを取得。Shopifyがマスメディアでも取り上げられるようになったのは、2020年あたりなので、3年以上早いことになる。最近では、Shopify POSの実機を海外から買い付け、実験に取り組んでいる。新たなOMOの成功事例が生まれるのも時間の問題だろう。

「つい先日も、Shopifyアプリを作りたいというエンジニアが入社してくれました。コマースにおけるECの役割が複雑かつ重要になるほど、ECシステムに求められるレベルも高くなります。コマースメディアでは、テクノロジーの分野でも、コマース業界を牽引していきたいと考えています」

次のページ
運営改善で売上3倍も!売れる仕組みを整える重要性

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/10999 2022/03/27 10:12

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング