記事種別

ARやネイティブECも登場 感動体験を与えるアプリへ

定点観測07 アプリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/01/17 07:00

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。ヤプリの金子さんに、アプリについて聞きました。※本記事は、2018年12月25日刊行の『季刊ECzine vol.07』に掲載したものです。

商品にスマホをかざすとPOP ARがアプリに標準的搭載

 10月19日に、ヤプリ主催のカンファレンス型イベント「Yappli Summit 2018」が開催された。基調セッションは「進化するモバイルテクノロジーが変える私たちの生活とは」をテーマに、ARにおける第一人者とトップマーケターによるトークセッションが展開された。

 同イベントでは、今後1年に渡ってヤプリが展開する新機能などがまとめて発表される。なかでも、まず注目したいのはAR。前回の定点観測でも伝えたが、iPhoneのOSであるiOS12では、ARプラットフォーム『ARKit 2.0』にアップデートされた。ヤプリのサービスとして企業が簡単にARを活用できるよう、開発が進められてきた。

「ヤプリが提供するARには、2D認識と3D認識のふたつがあります。2D認識は、たとえばパンフレットの画像部分にアプリをかざすと、アプリから見たその画像部分に動画を流す、3Dで浮き上がらせるといった施策が行えます。裏側の設定では、この画像を認識したらこの動画を流すといった具合に、コンテンツ同士をCMSの管理画面で紐付ける、プログラミングなど複雑な作業は必要ありません。たとえば、実店舗の商品の下げ札に設定し、スマホをかざして楽しんでもらうのもいいかもしれません。

 一番の売りは3D認識です。物体にスマホをかざすと、POPのように追加情報を表示することができます。表示するテキスト情報にURLを仕込み遷移できるようにしているので、ECに誘導するといった使い道もあるでしょう。ショールーミングのさらに先、展示会やファッションショーでも活用できそうですよね。ほかにも、銅像 のような季節問わずずっとそこにあるモニュメントに対して、スマホをかざすと表示されるものが更新されるという使いかたでも、楽しんでいただけそうです」

この続きは、紙の雑誌『季刊ECzine』のご購読者様のみ閲覧いただけます。
ご購読者様は、ログイン後すぐにウェブ上でこの続きを閲覧いただけます。

『季刊ECzine』とは

6月、9月、12月、3月と年に4回お届けする定期購読誌です。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。

  • プレミアム記事が読み放題
  • 読者限定イベントにご招待
  • ECzine Academy 20%オフ

季刊『ECzine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.07 定点観測

もっと読む

2018年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5