記事種別

モール内でも進むAIの活用 外部サービスを意識したユーザーメリット追求へ

定点観測10 モール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。いつも.の高木さんに、モールについて聞きました。※本記事は、2018年3月25日刊行の『季刊ECzine vol.04』に掲載したものです。

Amazon Echoで買ってみた
検索1位の重要性を再認識

 今回、高木さんがモールのトレンドとして話してくれたのは、AIの台頭だ。まずは、AmazonでのAI活用だが、やはりスマートスピーカーであるAmazon Echo(以下、Alexa)の話になる。

「実際にAlexaに話しかけてみてわかったのは、Amazonの検索ランキングの1位、2位を返してくるということ。3位以降の商品は、スマートフォンで見ることになります。ECで販売する側の立場で考えると、Amazonの検索ランキングの1位、2位に入ることの重要性を、さらに痛感しました。それ以外の対策としては、とにかく一度買ってもらい『注文履歴』に入ること。

 海外の事例では、Alexa Skillで自社のECアプリを作り、ユーザーがAlexaに話しかけることでそのアプリを開き、買い物をしてもらうという方法もありますが。eMarketerの調査によると、アメリカのスマートスピーカーのシェアの7割をAmazon Echoが占めているとのこと。今後、日本でも同様のことが起こりうると考えられます。Alexa経由のショッピングが増えることを想定し、対策を行わないと売上アップは期待できなくなります」

楽天のCPC広告が変わるユーザビリティを追求し自動化へ

 楽天市場でのAI活用は、広告の自動化だ。

「1月18日に発表がありましたが、楽天のCPC広告が4月から大きく変わります。キーワード連動広告と呼ばれる、楽天内での検索結果に表示される、いわゆる検索連動型広告に関する変更です。とくに広告クリエイティブの作成について、AIを用いた自動化が適応されます。これにより、楽天市場内のブランディングを統一する、『楽天市場とはこうあるべき』という方向を示そうとしているのだと考えています」

●楽天市場のCPC広告に関する変更点

  1. キーワードの設定が不要に。楽天市場が提供するシステムにより、自動で設定される。
  2. 広告の入稿が不要に。すでにある画像、商品名から自動で広告が生成され、店舗側はそのクリエイティブを変更することができない。
  3. クリック単価が安くなる。これまでPCはワンクリック50円から、スマホが40円からだったところ、どちらも25円からの価格設定に変更。
  4. 広告を出稿したい商品を指定するのでなく、全商品を登録し、広告出稿が不要な商品を除外する形式に変更。
  5. 広告効果測定の分析が、有料から無料に変更。

この記事は、紙の定期購読誌『季刊ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.04 定点観測

もっと読む

2015年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5