SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.04 定点観測

アパレル、商業施設、就活支援など 2018年はアプリリリースが相次ぐ

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。ヤプリの金子さんに、アプリについて聞きました。※本記事は、2018年3月25日刊行の『季刊ECzine vol.04』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

チェックインやイベント連動など
実店舗を持つ企業のアプリ続々

 1月に大阪オフィスを開設し、事業を拡大しているヤプリ。同社が提供する、ブラウザで手軽にアプリを制作できるサービスへのニーズの高まりが感じられる。2017年10月には北日本銀行が個人の顧客に残高・取引明細照会、店舗ATM情報検索、各種情報の発信等を提供するアプリがリリース。同じく10月にはサマンサタバサジャパンリミテッドの、12月には伊藤忠商事の2019年卒業見込みの学生へ向けた就活支援ツールとしてのアプリがリリース。企業がさまざまな目的で、アプリを活用しようとしている動きが見て取れる。

「やはりご要望が多いのは、実店舗をお持ちの企業のポイントカード。紙でポイントカードをやっていなかったところでも、アプリでポイントカードを持ちたいというご要望をいただきます。ヤプリではここのところ、商業施設の導入も増えており、2018年はさらにアパレル企業のアプリのリリースが相次ぐと思います」

 代表例では2017年12月にヤプリが手がけ、リリースした「SHIBUYA109公式アプリ」がある。クーポンや施設案内のほか、コーディネートやニュースなどコンテンツの閲覧も可能になっている。アパレルはそもそも、季節ごとにアイテムが入れ替わることから、コンテンツの更新がマメにできるヤプリの強みが活かされやすい。SHIBUYA109は複数ブランドを持ち、かつ、インフルエンサーが有名だ。各ブランドはもちろん、ユーザーがどのように活用し、最終的に売上につながるのか、期待が大きい。

●SHIBUYA109公式アプリの主な機能

  • SHIBUYA109館内のお知らせ
    (新店舗情報、キャンペーン情報など)
  • 施設案内(ショップ検索/フロアガイド)
  • ショップスタッフやコーディネートの紹介企画
  • 館内ブランド最新情報やクーポン配信
  • SHIBUYA109公式ニュースサイト
    「109ニュース シブヤ編集部」の閲覧
  • 館内配布カタログ、タブロイド紙の閲覧

 「位置情報(GPS)を使ったチェックイン機能を開発中です。無印良品様のアプリが一躍有名になったのは、このチェックイン機能によるところも大きいと思いますが、実店舗をお持ちの企業さんから同様の取り組みをしたいというご要望をいただくことが多いです。来店計測にもなりますし、顧客エンゲージメント向上に役立つと考えています」

 少し変わったところでは、大きなイベントにあわせたショールーミング用の機能の開発にも携わった。

「バーコードやQRコードを読み取れる機能を使い、イベント限定商品をECサイトで購入していただく取り組みや、試着だけを店頭で行い実際の購入はECサイトで行う活用例などが出ています。通常と異なる販売方法のため、新しい顧客体験を提供できるのではないでしょうか」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に
掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
アプリでパーソナライズへ ヤプリが提供する8つの機能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.04 定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/5509 2019/09/11 17:29

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング