SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.01 定点観測

カゴ落ちメール、効果が高い件名に変化 MAを活用した顧客とのコミュニケーション例

 2017年3月に刊行した『売れるECサイトのすごい仕掛け』で各分野における2016年の動向を総括した専門家には、2017年のスタートはどのように見えたのか。定点観測を行うことで、EC業界の全体像が見えてくる(※本記事は、2017年6月25日刊行の『季刊ECzine 2017年夏号』に掲載したものです)。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

カゴ落ちメールに一定の効果 クリエイティブを変えさらに改善

 カゴ落ち対策に特化した、ライトなマーケティングオートメーション「カートリカバリー」。ユーザー企業の動向を聞くと、「初期設定どおりにカゴ落ちメールを送るだけで、ある程度の効果は出るので、もっと効果を上げるためにクリエイティブやタイミングを研究しようという企業が増えています」と高山さんは言う。

 カートリカバリーのユーザー企業で、イー・エージェンシーとともに7ヵ月間(取材時点)にわたり、定期的に改善を行い、カゴ落ちメールの開封率を上げようと取り組んできた、ある化粧品会社の例を紹介してくれた。

「とくに、カゴ落ちした後、最初に送るメールの効果を上げようと取り組んだ結果、7ヶ月前は開封率が43.9%だったのが、50%にまで上がりました」

 7ヵ月の間で、大きな変更点としては件名を変えたこと。当初はカゴ落ちメールと言えばこれという鉄板の、「お買い忘れではありませんか?」というもの。そこから、「カートに商品が残っています」を試し、今では「商品のお知らせ」にたどり着いた。

「エモーショナルな訴求より、業務的にすべてを伝えない件名のほうが、効果が高いことがわかってきました。他の商材を扱うお客様にも横展開したところ、業種を問わず効果が上がっています」

 開封後のコンバージョン率も向上している。

「カートに入れた後、しばらく時間が経つと商品が削除されてしまいますよね。それをこの化粧品会社様では、カートに商品が残ったままになるよう、システムを改修していただきました。それにより、お客様にカゴ落ちメールから直接、商品が入ったままのカートページに遷移していただけるようになったことも大きいと思います」

 開封率、コンバージョン率を向上させた次のステップとして、カゴ落ちメールでのレコメンドにも挑戦している。

「カゴ落ちした商品の下に、関連商品を並べたクリエイティブでレコメンドを行っています。結果、関連商品のクリック率は上がっていますが、売上への貢献はまだまだ。クチコミを入れてみようかといったアイディアも出ています。これからさらに、改善していきます」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
ツールを使いこなすには お客様にとっての利便性に配慮を

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.01 定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/4796 2019/09/13 12:11

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング