SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.01 定点観測

外部サービスとの連携や認定制度で LINEをますます使いやすく

 2017年3月に刊行した『売れるECサイトのすごい仕掛け』で各分野における2016年の動向を総括した専門家には、2017年のスタートはどのように見えたのか。定点観測を行うことで、EC業界の全体像が見えてくる(※本記事は、2017年6月25日刊行の『季刊ECzine 2017年夏号』に掲載したものです)。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

ツールとの連携が進み使いやすく 友だちを増やし続けることが課題

 無料プランもあるLINE@については、基本的な機能に大きな変化はないが、申込数は増加が続いている模様。

LINE@の機能例

メッセージ 友だち登録してくれたユーザーにメッセージを配信できる。Official Web Appでセグメント配信も可能。
1:1トーク 友だち登録しているユーザーからLINEで問い合わせを受けた場合、それ以降、1対1のメッセージが送受信できる。
アカウントページ LINE内とウェブ上に持つことができる専用サイト。オウンドメディアとして活用される。
タイムライン/ホーム投稿 友だち登録しているユーザーのタイムラインにメッセージを投稿。プッシュ通知に適さない投稿の場合はこちらを活用。
クーポン機能 クーポンを作成・配信できる。開封数や使用数を確認する管理画面もある。
コマース 初期費用・月額無料、販売価格の4.98%の手数料で商品の販売が可能。福袋など即時性のある商品を売り切る事例も。
LINE ショップカード ポイントカードを作成・発行できる。

 直近3ヵ月では、マーケティングオートメーションツールなどでLINE公式アカウント、LINE@との連携が次々と発表された。

「2017年の春頃からOfficial Web Appパートナーさんたちが、APIのバージョンアップを行ったので、よりLINEでコミュニケーションする術が増えてきたかと思います」(岡崎さん)

 なかでも実績が目立つのは、ASPカート「FutureShop2」と、ソーシャルログイン「ソーシャルPLUS」という2つのサービスだ。

 FutureShop2は、LINEの「Official Web App」と連携。自社EC会員のIDとLINEのアカウントを連携することで、購買履歴等に応じた個別のメッセージが送れるほか、LINE@と連携してポイントを付与したり、LINEアカウントでログインすることで、会員登録のハードルを下げる「プロフィール+」機能などを提供している。

 一方のソーシャルPLUSは、独自でECサイトを開発している事業者向けのサービス。LINEでのソーシャルログインのほか、こちらもIDに紐付けたセグメントメッセージの配信を可能にしている。

「自社での開発リソースがないところは、こうしたベンダーさんとの取り組みがオススメです」(岡崎さん)

 大手企業の中には、LINE@から始めて公式アカウントに移行する動きも見られる。

「LINE@は無料で始められるので、そこで売上につながることがわかったら、公式アカウントに移行するという企業さんは増えています。目的は、スタンプとLINEアプリ内の露出を増やすこと。リピーター対策であれば『LINE@』、新規ユーザーの獲得を目的や売上見込みが把握できたら『LINE公式アカウント』+『スタンプ』に移行するケースは多い印象です」(岡崎さん)

 スタンプやセグメント配信できるメッセージの効果はよく知られるところだが、すでに実績のある企業も。ひととおり活用してみた結果、現在はどのようなことに取り組んでいるのだろうか。

「友だちを増やし続けていくことと、友だち追加していただいた後の、コンバージョン率をどう上げていくかに取り組んでいらっしゃいます。あくまで運用ツールなので、誰が、どうやるか、で成果は変わっていきます。その商材にあった施策を試行錯誤しながら実施していくべきです」(岡崎さん)

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
AIと無料電話の組み合わせも LINE カスタマーコネクト正式販売開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.01 定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/4790 2019/09/13 12:11

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング