記事種別

著者情報

  • LINE株式会社 コーポレートコミュニケーションチーム 桃木耕太(モモキ コウタ)

    大学卒業後、PR会社勤務を経て、2013年LINE株式会社に入社。広報として、LINEの法人向け事業や技術領域などを担当。

執筆記事

  • 200_n.png
    2017/09/21

    コミュケーション手法にLINEが加わると 新たな層と接触できる

     ECにかかわるプラットフォーマーの動向や、ユーザーを引きつけるキャンペーン施策、 クリエイティブ活用などについて、四半期に一度、各分野のプロにポイントを聞く「定点観測」。今季は、Googleの影響の大きさ、動画活用の進行、LINEとの連携、新しい決済の台頭が目立った。自社に関連するポイントをおさえ、来る年末商戦に備えよう(※本記事は、2017年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.02』に掲載したものです)。

  • 200_n.png
    2017/07/21

    外部サービスとの連携や認定制度で LINEをますます使いやすく

     2017年3月に刊行した『売れるECサイトのすごい仕掛け』で各分野における2016年の動向を総括した専門家には、2017年のスタートはどのように見えたのか。定点観測を行うことで、EC業界の全体像が見えてくる(※本記事は、2017年6月25日刊行の『季刊ECzine 2017年夏号』に掲載したものです)。

  • 200_n.png
    2017/06/02

    新規もCRMもLINEで EC事業者のコミュニケーションに不可欠な存在

     2015年にEC事業者もLINE@が活用できるようになって以来、“使える”サービスが続々とリリースされるLINE。新規もCRMもカスタマーサポートも、ECで必要なすべてのステップのコミュニケーションが可能になりそうだ。

3件中1~3件を表示
戻る


All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5