記事種別

EC運用におけるアイテムごとのデータを一括管理 ECシステム「BRANDIT system」提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/06/01 11:00

 ファッション業界のDX推進事業を展開しているBranditは、これまで別々のツールで管理していたEC運用におけるアイテムごとの各データを一括管理し、損益分岐点の算出が可能なECシステム「BRANDIT system」を6月1日(月)より提供開始した。

 ファッションのEC運用は、「ECシステム、在庫管理システム、マーケティング&分析システム」といった別々のツールに、必要項目のみのデータを入力して管理している企業が多く、各担当者は同じ指標のデータをすぐに閲覧できず、セクショナリズムの組織体制になることが一般的だった。また、データ更新のたびに煩雑な作業が発生するため入力ミスや連携ミスが起こり、生産性が下がる要因にもなっていた。

 BRANDIT systemは、それらの課題を解消すべく開発された。カート機能だけでなく、別々のツールで管理していた受注・原価・各チャネル別手数料・販売開始日・配送データ・出荷売上・などの項目を一元管理できるECシステムとなっている。

 これにより、アイテムごとの“損益分岐点”をカラー/サイズ別や販売チャネル別で詳細表示可能に。全員が担当領域にかかわらず共通の指標をもてるため、分析から戦略にいたるまでを売上至上の考えから利益重視へシフトしたPDCAサイクルを実現するという。

同システムの特徴は、次のとおり。

  • 販売チャネルごとの在庫管理が可能
  • 商品生産原価の損益分岐点を自動算出
  • 販売チャネル別の手数料を加味した粗利の自動算出
  • 販売日数からの在庫消化状況を可視化
  • 消化進捗状況に裏付けされたSKU単位での追加生産が可能
  • 来季(期)商品計画へのデータ活用
    ※すべてアイテムごとに詳細表示が可能。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2017年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5