SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

EC運用におけるアイテムごとのデータを一括管理 ECシステム「BRANDIT system」提供開始

 ファッション業界のDX推進事業を展開しているBranditは、これまで別々のツールで管理していたEC運用におけるアイテムごとの各データを一括管理し、損益分岐点の算出が可能なECシステム「BRANDIT system」を6月1日(月)より提供開始した。

 ファッションのEC運用は、「ECシステム、在庫管理システム、マーケティング&分析システム」といった別々のツールに、必要項目のみのデータを入力して管理している企業が多く、各担当者は同じ指標のデータをすぐに閲覧できず、セクショナリズムの組織体制になることが一般的だった。また、データ更新のたびに煩雑な作業が発生するため入力ミスや連携ミスが起こり、生産性が下がる要因にもなっていた。

 BRANDIT systemは、それらの課題を解消すべく開発された。カート機能だけでなく、別々のツールで管理していた受注・原価・各チャネル別手数料・販売開始日・配送データ・出荷売上・などの項目を一元管理できるECシステムとなっている。

 これにより、アイテムごとの“損益分岐点”をカラー/サイズ別や販売チャネル別で詳細表示可能に。全員が担当領域にかかわらず共通の指標をもてるため、分析から戦略にいたるまでを売上至上の考えから利益重視へシフトしたPDCAサイクルを実現するという。

同システムの特徴は、次のとおり。

  • 販売チャネルごとの在庫管理が可能
  • 商品生産原価の損益分岐点を自動算出
  • 販売チャネル別の手数料を加味した粗利の自動算出
  • 販売日数からの在庫消化状況を可視化
  • 消化進捗状況に裏付けされたSKU単位での追加生産が可能
  • 来季(期)商品計画へのデータ活用
    ※すべてアイテムごとに詳細表示が可能。
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/7902 2020/06/01 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング