記事種別

約8割が「Web閲覧履歴をもとにした広告配信」を認識【ジャストシステム調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/12/13 09:40

 ジャストシステムは、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年11月度)」の結果を発表した。なお本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象に、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」において、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用し実施された。調査結果の概要は以下の通り。

約8割が、「Web閲覧履歴をもとにした広告配信」を認識

スマートフォン利用者に、自身のウェブ閲覧履歴などをもとにカスタマイズされた広告が配信されていると感じたことがあるかを聞いたところ、「頻繁に感じる」人は42.1%、「ときどき感じることがある」人は36.6%となった。合計すると78.7%の人が認識していることがわかった。

4人にひとりが、「Web閲覧履歴をもとにした広告配信」をやめてほしい

ウェブ閲覧履歴などをもとにカスタマイズされた広告が配信されていると認識している人のうち、「便利と感じる」人は10.7%、「便利と感じるが、不快に感じることもある」人が35.5%、「便利と感じないし、不快に感じることが多い」人は25.9%、「不快なのでやめてほしい」人は25.6%でした。

年代別に見ると、「便利と感じる」人の割合は10代が23.2%、20代が15.4%、30代が16.1%だったのに対し、40代は5.3%、50代は6.2%、60代は1.8%でした。10代は、他の年代に比べ、便利だと感じている人が多いことがわかった。

アプリへの位置情報提供に、6割以上が抵抗感

自身の位置情報をスマートフォンアプリに提供することについて、「抵抗感がある」人は26.7%、「やや抵抗感がある」人は39.3%で、合計すると66.0%が抵抗感を持っていた。一方で、「位置情報を提供しているスマートフォンアプリがある」と答えた人は67.0%、「スマートフォンアプリに位置情報は提供していない」人は22.3%であった。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2016年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5