SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

EC事業者の約3分の1が業務の一部~全部を外注 ECサイトや商品ページの改修が高い需要/マクロジ調査

 マクロジは、クロス・マーケティングに調査を依頼し、EC事業担当者または決裁者対象に、EC事業者が抱える課題について調査を実施した。調査内容の結果の一部は、次のとおり。

EC事業者の動向

ECサイト運営体制

 同調査結果では、ECモールへの出店割合は楽天市場が全体の27%、次点でAmazon、Yahooがいずれも高い水準で続き、運営体制としては約3分の1(うち、全部委託が10.4%、一部委託が23.5%)が業務の一部または全部を外注しているという結果だった。

EC運営における課題

 モールについては売上が上がらない、利益が残らない課題が多く、D2Cについては、利益課題は比較的少ないが、売上が上がらない課題がもっとも大きく現れた。

 外注の選定基準についても調査した結果、「アドバイスだけでなく作業まで行ってくれる」というニーズが高かったことから、売上を上げるためのECにおけるノウハウだけでなく、実行するEC人材の不足にも課題を感じている企業様が多いと考えられる。

今後行いたい施策

 今後行いたい施策としてはECサイトや商品ページの改修がもっとも需要が高まった。次点で新商品開発や仕入れ、また複数チャネルへの販路拡大、そして広告運用強化が続く結果に。EC市場においては競合が全国のエリアとなるので、他社との差別化を訴求し、売れるための制作が求められると推察される。

 また、EC未出店の事業者の未出店の理由は「ノウハウがない」「資金不足」「実店舗運営に工数がとられEC店舗への出店ができない」が高い数字となっていた。

アンケート調査概要
  • 調査期間 :2023年8月28日~2023年8月29日
  • 調査地域 :全国
  • 調査対象 :20~69歳の男女 EC事業者対象
  • 有効回答数 :スクリーニング: 1万5,784サンプル、本調査:500サンプル
  • 調査手法 :インターネットリサーチ
  • 調査実施 :クロス・マーケティング

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13860 2023/11/24 06:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング