SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

ヤフー、ユーザー情報の広告利用範囲をユーザー自身が細かく設定できる「アドパーソナライズセンター」開始

 ヤフーは、プライバシーに対する取り組み強化の一環として、ユーザー情報の広告への利用範囲について、ユーザー自身がより自由に細かく選択・設定できるようになる「アドパーソナライズセンター」の提供を開始した。

 同社では、ユーザーに適した広告を表示するために、ユーザーの登録情報や行動履歴情報といったデータを利用して広告などを配信している。これまで、ユーザーが行動履歴情報を広告配信へ利用するかどうかを選択する機能(旧名称:「広告の最適化設定」)を提供していたが、利用範囲を細かく設定する機能は含まれていなかった。

 今回、Yahoo! JAPAN IDでログインしているユーザーを対象に「アドパーソナライズセンター」を提供することで、広告に使われる情報をユーザーがより細かく管理し、表示される広告を自身の興味・関心に合わせてカスタマイズすることが可能に。これにより、ユーザーはより自身の興味・関心に合った情報を受け取ることができる。

 「アドパーソナライズセンター」では、ユーザーの興味・関心に関連するさまざまなトピックの広告について、トピックごとに表示頻度を減らすかどうかをユーザー自身で設定でき、より興味・関心のある広告を表示させることが可能。また、広告表示に利用するユーザーの登録情報(性別、年齢、属性など)を確認したり、設定を変更したりすることもできるという。アドパーソナライズセンターで設定した内容は、2023年8月23日より広告配信に適用される。

 「アドパーソナライズセンター」で設定可能なデータは、Yahoo! JAPANサービスの行動履歴情報や属性情報となっている。外部サイトでの行動履歴情報を広告配信に利用するかどうかは、これまで通り「行動ターゲティング広告の設定」で行う必要がある。

 また、Yahoo! JAPAN IDでログインしているユーザーで、これまで「行動ターゲティング広告の設定」により行動ターゲティング広告が配信されないように設定していたユーザーが今後も同様の設定をしたい場合は、「アドパーソナライズセンター」で新たに設定が必要になるとのこと。

機能利用イメージ(左:広告の表示設定-トピック/右:プライバシー管理)
機能利用イメージ(左:広告の表示設定-トピック/右:プライバシー管理)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13253 2023/07/31 06:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング