SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

TēPs、Yahoo!ショッピングの注文ステータス自動更新機能提供 工数軽減と人為的ミスのリスク抑制

 テープスは、ECに特化したノーコードツール「TēPs(テープス)」において、「Yahoo!ショッピング」の注文ステータスを更新する機能をリリースしたことを発表した。

 TēPsは、EC事業でよく使われるさまざまなツールと接続し、自社独自の業務を担当者自身が自動化できるサービス。今回のリリースにより、決済ステータスや出荷ステータスなどを条件にYahoo!ショッピングの注文を検索し、注文ステータスを自動で更新できるようになった。たとえば、入金済みで出荷が完了している注文のステータスを「完了」に変更したり、未入金のまま一定期間が経過した注文のステータスを「キャンセル」にするといったことが可能となる。

 Yahoo!ショッピングでは、出荷が完了した注文に対して以下の処理を必ず行う必要がある。

  1. 出荷が完了した注文に「配送業者」や「配送伝票番号」などの配送情報を入力し、出荷ステータスを「出荷済み」に更新する。購入者に出荷通知メールが自動送信される。
  2. 出荷ステータスが「出荷済み」かつ入金済みの注文のステータスを「完了」に更新する。クレジットカード決済の売上が確定する。

 すべての注文に対してこれらの作業が必要なため、注文の数が増えるほど事業者の負担は大きくなる。また、手動で処理している場合は、入力する情報や入力先を間違えたり、ステータスを更新し忘れたりなどのヒューマンエラーが発生するリスクもある。

 同ツールでは、前回リリースした機能(Yahoo!ショッピング注文の配送情報を更新する機能)により上記の①の作業が自動化可能になり、今回のリリースによって②の作業の自動化が実現。これにより、出荷後の注文に必要な処理の大部分を自動化し、担当者の工数・負担の軽減と、ヒューマンエラー発生リスクの抑制が可能となった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12261 2023/01/12 06:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング