SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

フューチャーショップが「LINE STAFF START」と連携 LINE上のウェブ接客結果を可視化

 SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」を提供するフューチャーショップは、「LINE STAFF START」と連携を開始したことを発表した。

 「LINE STAFF START」とは、LINEが提供する個人・法人向けアカウントサービス「LINE公式アカウント」と、バニッシュ・スタンダードが提供する店舗スタッフの接客をDXするアプリケーションサービス「STAFF START」をかけ合わせたサービス。両サービスを活用することにより、商品やコーディネート、キャンペーンなどの情報発信、チャットによるオンライン接客などを行った結果、購入したスタッフ個人の売上も可視化することが可能となる。

 同サービスを導入し、顧客と店舗スタッフがLINEで友だちになることで、次に代表されるデジタル接客の実現が可能とのこと。

LINE公式アカウントが持つ、さまざまな機能を活用した接客

 チャット機能、LINEコール、メッセージ配信、タイムライン機能などを活用可能。

商品ページのURLを容易に送信

 ECサイトの商品ページURLを管理画面上から容易にLINEで送信することができる。futureshopに登録済みの商品情報をもとに商品マスタが作成されるため、ウェブ管理側も二重登録の手間が発生しない。

LINE経由の集客や売上を可視化

 LINEのメッセージを通して自社ECサイトで売上があった場合は、店舗スタッフ個人の集客・売上として可視化可能。これにより、スタッフのモチベーションアップにつながる。

 そして、これまで個人のアカウントでLINE接客を実施していた事業者も、次のような点から運用・管理面を強化できるという。

スタッフ応対時間を設定可能

 勤務日に基づいたスタッフ応対時間をあらかじめ設定し、時間外は自動返信を行うなど、運用ルールの設定が可能。

顧客とのやりとりの可視化

 個人アカウントでは本人同士でしかわからなかったLINEでのやり取りが、公式アカウント経由にすることで管理画面から確認可能。トラブル発生など万が一の際でも、迅速な対応を行える。

 さらに、通常LINE公式アカウントでは、各料金プランの無料メッセージ通数分を越える配信には通数課金がかかるが、同サービスでは通数による課金が発生しないため、メッセージ通数を気にせずに顧客との1to1コミュニケーションを実現する。

 futureshopシリーズは、実店舗とECのポイント制度や顧客情報を統合する「futureshop omni-channel」をはじめ、ECで購入して店舗で受け取るBOPISを実現する「店舗受取オプション」、店頭在庫をECに表示できる「実店舗在庫表示機能」、そして、「STAFF START」との連携など、実店舗とECの相乗効果をもたらす機能が豊富に備わっている。

 今回の「LINE STAFF START」との連携により、店舗スタッフの接客が店頭での購入だけではなく、LINEを活用したデジタル接客によるECサイトでの商品購入の場合でも可視化され、これまで実店舗EC間連携の長年の課題のひとつであった評価制度をよりクリアにできることが期待される。

 同サービスを導入することでfutureshopシリーズが持つ機能をさらに活用でき、実店舗とECを融合し顧客体験を向上させるOMO(Online Merges with Offline)を強力に推進可能となる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11469 2022/06/13 12:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング