記事種別

ショップの顧客・売上分析結果から顧客をセグメント、効果的なメールが配信できる「MakeRepeater」提供開始 MakeShopから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/09/18 14:15

 MakeRepeaterは、ショップの顧客・売上分析結果から、新規顧客/安定顧客/優良顧客(リピーター)/離脱新規客など10種類にセグメントし、ターゲットごとに効果的なメール配信が可能な機能を搭載したツール。

顧客をセグメント

 MakeShopの注文データを自動で読み込み、購入回数、購入金額、購入時期の3つのデータを軸に分析。顧客を10種類にセグメント分けする。

 顧客のロイヤリティを可視化する「ランク分析」、顧客数や売上の推移を可視化する「推移分析」、顧客セグメントごとの売上比率やその推移を表す「ランク別売上推移」などの視点でレポートを自動作成する。

ターゲットごとのメール作成

 シナリオに沿ってあらかじめメール文面を作成し、セットしておくだけで、顧客に応じたステップメールを無制限で自動配信できる。

 シナリオ設定時に「年齢」「性別」「地域」「購入金額」「購入回数」などの項目を追加してより詳細なターゲティングをしたり、「初回購入日」「最終購入日」「誕生日」など詳細なスケジュールを設定できる。

 なお、メールはドラッグ&ドロップでデザインを編集するだけで、レスポンシブデザインに対応したHTMLメールが作成できる。

 初期費用:1万円(12月25日まで契約で無料)、月額:1万円、3万円、5万円(読み込みデータ量に応じて)、無料プランがある。2015年以降は、MakeShop利用者以外も利用可能にする予定とのこと。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2014年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5