SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

トランスコスモスがライブコマースソリューション「Bambuser」と戦略的パートナーシップと締結

 トランスコスモスは、ナスダック上場企業のBambuser(バンブーザー)社が開発・提供する、ライブコマースソリューション「Bambuser」のサービス提供を日本国内で開始した。Bambuserはライブコマースのリーディングカンパニーであり、LVMHグループが主催するLVMHイノベーションアワード2021で最優秀賞を受賞。LVMH傘下ブランドやSamsung(サムソン)、Tommy Hilfiger(トミーフィルフィガー)、FARFETCH(ファーフェッチ)など、300以上のブランド・企業でも利用されている。

 ライブコマースとは、オンラインでの商品購入とチャット機能やリアクションボタンを使った視聴者の参加を組み合わせた、ライブ配信の仕組み。オンラインショッピングにリアルタイムのライブ配信を掛け合わせることで販売員による接客をどこにいても体験でき、ECサイトと実店舗のメリットを兼ね備えている。

 日本における企業によるライブ配信は、インフルエンサー(ライブ配信者)のいるプラットフォーム型や、インスタライブなどのSNS型が一般的だが、前者は配信対象がプラットフォームの視聴者層に限定されること、後者はECサイトへの導線における離脱が発生しやすいというデメリットがある。Bambuserは自社ECサイトに埋め込む自社EC型で自社のファンと新規顧客に同時にアプローチでき、かつ高いコンバージョンを達成できるソリューションを提供する。

Bambuserについて

 Bambuserは、ストリーミング技術を基礎にした、高品質で安定した独自のライブ配信テクノロジーが中核を担う。

 1対多数のライブコマースソリューションでは、インフルエンサーや販売スタッフが登場するライブショッピングイベントをオンラインで開催することが可能。ひとりまたは複数のライブホストから、無制限の視聴者に配信を届けることができ、大規模なエンゲージメント獲得に適する。

Bambuserの効果

 顧客エンゲージメント、売上、サイト滞在時間が飛躍的に向上する。同ソリューションを利用しているブランド・企業の平均的なエンゲージメント率は24%、コンバージョン率は12.4%、平均視聴時間は13分。視聴データやLike・チャット・カート追加などの統計データが取得でき、Googleアナリティクスなどのツールと連携できるため、効果検証や改善活動が進めやすくなる。

スムーズなライブ視聴と購入

 Bambuserの動画配信は顧客企業の自社サイト上で行われ、面倒なアプリダウンロードなどは必要なく、既存会員および新規ユーザーの両方がスムーズに視聴できる。ライブで紹介する商品は、ライブ画面からほかのページに遷移することなく商品情報を確認し、そのままカートに追加できる。また、Facebook、YouTube、TikTok、TwitterなどのSNS上で同時に配信を行うことも可能。

配信設定は短時間で完了

 誰にでもわかりやすく使いやすいプラットフォーム。ライブ配信の設定にかかる時間は5分程度。紹介したい商品はURLのコピー&ペーストで容易に登録できる。また、動画配信プレーヤーはフロントエンドのインテグレーションのみで、容易にECサイトに埋め込むことができる。

効果的なデータ活用と個人情報保護

 データ分析チームおよびサポートスタッフによる効果的なデータやフィードバックの提供を行う。一方で、顧客情報や決済情報などの大切な顧客データはすべて顧客企業側が管理する設定に。個人情報保護の観点からも安心して利用することができる。

ライブ配信終了後も続くメリット

 同ソリューションで配信した動画はすべて、配信終了後もアーカイブ動画として活用可能。ECサイトを訪れた消費者はアーカイブ動画を通してショッピングをすることができる。利用企業の多くは、コンバージョンの60%以上をアーカイブ版の動画を通して達成。編集機能を使用して配信した動画から短編動画を作成し、ECサイトの商品ページやメールマガジン、SNSにも活用する手法も効果的とのこと。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11162 2022/03/17 09:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング