SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

Shopify×スマレジ会員連携アプリ「Omni Hub」、ポイント移行機能など新機能を公開

 フィードフォースが提供する、Shopify(ショッピファイ)-スマレジ間のオムニチャネル会員連携アプリ「Omni Hub」は、「今利用しているポイントプログラムを乗り換えて店舗・ECでの共通ポイントプログラムを作りたい」という事業者の要望に対応し、外部ポイントアプリからの容易な乗り換え支援機能や会員連携ロジック見直しによる安価なサービス利用開始を実現する機能を公開した。

 Omni Hubでは、2021年10月には店舗とECでのポイントプログラムを共通化する「ポイント管理機能」を公開している。

 そのなかで、

  • 「ほかのポイントシステムを使っているが、Omni Hubポイント管理機能へ乗り換えたい」
  • 「ポイントの引き継ぎで会員数が増大し、Omni Hubの利用料金が高くなることは避けたい」

という相反する要望を受けていた。

 そこで同アプリには、次の機能をリリースした。

Shopify→スマレジでの会員情報連携ロジックの見直し

 従来、Shopifyとスマレジの間での会員情報は「Shopifyに存在するすべての顧客」を連携していた。この場合、ゲスト購入した顧客や休眠会員など、さまざまな顧客情報がスマレジに連携されるため、連携する会員数が大きくなり、同アプリの従量課金が発生していた。

 今回、「Shopify上でOmni Hubが連携すべき顧客のみスマレジに連携する」ように見直しを行った。これによって、連携する会員数を減らし、同アプリの従量課金も増加しづらいかたちとした。

外部ポイントアプリから同アプリのポイント管理機能へポイント残高を引き継ぎ

 「ほかのポイントアプリでポイント管理していたが、Omni Hubのポイント管理機能を利用して店舗とECのポイントを一元化したい」という要望に応え、外部ポイントアプリからのポイント引き継ぎを行う機能の提供を開始した。

  • Shopify内のポイントアプリから引き継ぐ
  • Shopify以外のコマースシステムからShopifyへ乗り換え、ポイントも引き継ぐ
  • スマレジ内で発行していたポイントから引き継ぐ

など、事業者の状況に合わせてポイントの移行が可能。

そのほかに行われたアップデート

 そのほか、Omni Hubでは以下のようなアップデートを行った。

  • オンラインストアの会員バーコードの表示がより鮮明に
  • ポイントに有効期限を設定できるように
  • 事業者が各顧客のポイント残高を手動で変更できるように
  • スマレジで社員販売を行った場合も適切な売上がShopifyに連携されるように

今後について

 今後同アプリでは、店舗・ECのオムニチャネル化・OMOに貢献する次の機能の追加を予定しているとのこと。

  • ポイント管理機能に関する機能強化
  • 会員証をApple WalletやGoogle Pay上に表示できるようにする機能
  • 店舗購入時にレシートから会員登録・ポイント付与できる機能
  • クロスユース分析、店舗別会員証提示率などのレポート機能
  • オムニチャネルで共通のクーポン管理機能
  • 実店舗での接客で利用可能なEC購買状況連携機能
  • EC購入、店舗店舗受け取り(BOPIS)サポート機能
  • 在庫や商品、すべての売上の一元管理機能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11094 2022/03/04 09:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング