SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECを始める前に!コマースメディア新人店長研修

SEO・広告・SNS…集客なしに自社ECの売上増は望めない 悩めるEC店長必見!集客戦略立案の手引き


 “なんとなく”で始めてしまうと思わぬ事故につながりかねないEC運営。「今日から店長だけど何から始めたら良いのか……」とお悩みの新人EC店長へ、基礎をしっかりと固め、楽しく仕事に取り組むためのコツをコマースメディアの井澤さんが伝授します。今回は、自社ECの集客について、集客に悩む企業・ブランドが多い理由や、集客をする前に必要な下準備、商品特性に合わせた適切な集客方法をご紹介。食品・アパレル・ゲームなど、さまざまな業種のEC運営をサポートする井澤さんから学び、自社ECの集客力をアップさせましょう。

立地は検索対策、ビラ配りは広告・SNS 自社ECの集客はリアル店舗と同様に考えよう

――「集客不足が原因となり、自社ECの売上不振に悩む企業・ブランドが多い」とのことですが、なぜこうした状況が作られているのでしょうか。

 自社ECにおいて集客不足に陥る企業・ブランドが多い要因は、大きく分けてふたつあります。ひとつは、「ウェブに出店しさえすれば自動的に売れるだろう」という思考で自社ECを運営し始める企業が多いことです。ウェブへの取り組みを行う企業・ブランドが少なかった時代には、モールに限り「出せば売れる」という状況が作られていました。しかし、ウェブでの競争が激化している現代においては、集客への理解および知識は必須となっています。

 リアル店舗にたとえると、自社ECは路面店、モールは大型ショッピングセンターだと言えますが、自社ECの出店はウェブという広大な砂漠に路面店をオープンするようなものです。人が歩いていないという状況でどのように呼び込むのか、まずウェブにおける集客の概念を持ち、その重要性を認識することが大切です。

砂漠イメージ

 なお、この集客の概念・重要性は、初めてウェブへの取り組みを開始する場合だけではなく、モールで売上を作ってきた企業・ブランドが自社ECを出店する際にも、改めて意識する必要があります。モールの場合は、ある程度の集客をモール側で行ってくれるので、キャンペーンなど用意されたものの中で自社のアピールができれば、自ずとアクセス数が増加し、購入機会を創出することができます。自社ECに比べて集客の難易度が大幅に低いため、両者の勝手の違いから苦労する企業・ブランドが多いです。

 続いて、集客不足に陥る企業・ブランドが多いふたつめの要因は、自社ECにおける成功事例以外が目に入りにくいことです。一般的な知名度が高い企業・ブランドでは、商品の認知がそもそも進んでいる状態にあり、自社ECを出店しただけである程度売れる場合もあります。こうした成功事例がメディアなどで取り上げられ、自分たちも同様になると思い込んでしまう企業・ブランドも多いと感じています。

 また、一方で知名度が高い企業・ブランドでも自社ECの売上が想像以上に低いケースもあります。こうした企業・ブランドでは、リアル店舗であたり前にできている集客が自社ECではできていないことが多いです。リアル店舗を新規出店する際には、立地条件の比較検討やビラ配り、情報誌への出稿などを行いますよね。実はウェブでも同じことをしなければならないということをまず理解することが大切です。ウェブにおける立地条件は検索対策、ビラ配りは広告・SNSにあてはまります。自社ECの集客には、こうしたイメージをもって取り組むとわかりやすいのではないでしょうか。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
集客方法は3つに分類 無理な情報発信をせず、まずは“情報収集”を

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECを始める前に!コマースメディア新人店長研修連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 髙橋 希望(タカハシノゾム)

革靴販売に約7年間従事後、2021年よりECzineの編集者を務めています。コマースの現場で感じたことを活かしつつ、ECに関するさまざまな情報をお届けしていきます。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9765 2021/10/30 12:42

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング