SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECを始める前に!コマースメディア新人店長研修

初心者店長向け!モール・集客〜在庫まで、アパレルEC運営でおさえておきたい業界ならではのポイント

 “なんとなく”で始めてしまうと思わぬ事故につながりかねないEC運営。「今日から店長だけど何から始めたら良いのか……」とお悩みの新人EC店長へ、基礎をしっかりと固め、楽しく仕事に取り組むためのコツをコマースメディアの井澤さんが伝授します。今回は、アパレルECに特化して掘り下げました。このジャンルの特徴、モール活用法、集客、バックオフィスからECデータを活用した在庫調整まで。アパレルEC初心者さんはぜひお目通しください!

アパレルECの特徴は「運営難易度の高さ」「モールの多さ」

――アパレルECの特徴や、運営するEC店長がまず意識すべきことをお教えください。

 アパレル業界にもさまざまなブランド形態が存在するため一概には言えませんが、一般的にアパレルECは、他ジャンルに比べて「同一商品を継続的に販売することが難しい」という特徴があります。型番商品を除き、流行の変化などによってシーズンごとに展開する商品が変わるため、商品登録や在庫管理、キャンペーン施策など、運営にかかる工数が非常に多いジャンルだと言えます。

 「ささげ業務」という言葉がアパレルECを中心に使用されていることや、EC運営委託事業がアパレルECから発展してきたことを考えると、同ジャンルにおけるEC運営の難易度の高さがうかがえます。ただし、数千・数万個単位で生産が必要なケースも多い電化製品ECや、食品衛生責任者などの資格が必要な食品ECと比較すると、参入障壁がそれほど高くないこともアパレルECの特徴のひとつです。

 また、アパレルと他ジャンルのECで、もっとも大きな違いだと言えるのは、対応するECモールの数がアパレルだけ圧倒的に多いことです。同ジャンルには、ZOZOTOWNやMAGASEEKをはじめ、ルミネが運営するi LUMINEや三井不動産グループの&mallなど、あらゆるECモールが存在します。単一ジャンルだけで成立するECモールがこれほど多いのは、アパレルくらいだと言えるでしょう。

 そして、こうしたアパレルECモールは、Amazonや楽天市場などの管理で利用する受注管理システム(OMS)と連携できないケースも多々あるため、「ALIS(アッカ・インターナショナル)」や「SCS(ダイアモンドヘッド)」など、アパレル特化型OMSが存在しています。ただし、他ジャンルのECモールなど、アパレル特化型OMSだけでは管理できない出店先もあることから、OMSをふたつ導入している企業もめずらしくありません。さらにZOZOTOWNは、そもそもシステム連携ができない仕様となっているため、独自開発のシステムを用いて、他チャネルとのデータ連携を実施するなどの支援もコマースメディアでは行っています。

アパレルECイメージ

 このようにアパレルECは、商品展開の特徴からささげ業務が多いことに加え、さらにそれらを複数ある出店先に対応させるという2重の手間がかかります。これを前提とした上でいかに工数を削減し、効率的な販売を実現できるかが同ジャンルのECを成功させる重要な鍵となるでしょう。ECモールに出店する場合も、手当たり次第に出店するのではなく、自社の顧客と親和性の高い場所はどこなのかを想像し、適切なECモールのみを選択することをお薦めします。

 また、ECモールを選択する際にもうひとつ重要な視点となるのが、「ECモールの施策に適応できるかどうか」です。ブランド認知拡大が重要なアパレルECにとって、集客力のあるECモールへの出店は、有用な戦略のひとつだと言えます。しかし、一方でたとえばECモール独自のセールが行われるなど、必ずしも自社の意思だけでコントロールできないケースも往々にして発生します。各ECモールの施策を理解し、セールになったとしても利益を残すことができるか、ブランディングに影響しないかなどをあらかじめ考えておくことが大切です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
アパレルEC運営のポイントは「商品マスタ整備」と「サイズ不安の払拭」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECを始める前に!コマースメディア新人店長研修連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/10686 2022/01/03 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング