SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzine Day 2021 Autumn レポート(AD)

国境のないオンライン上で必須な多言語対応 継続運用のために考えたいQCDとアパレルEC成功事例を解説

増加する翻訳需要にも対応 コスト減とクオリティ向上を両立する「WOVN.io」

 世の中全体のオンライン化が進む中、やり取りされる情報量は年々増加している。2020年の総データ量は59ゼタバイト(International Data Corporation調べ)となり、翻訳する人材の不足が大きな課題となっている状況だ。

「翻訳需要があるデータのうち、実際に翻訳できているものはわずか1%と情報量の増加に翻訳が追いついていません。翻訳者も圧倒的に不足しており、今後も劇的な増加は見込めないと予測されています」(秦氏)

 需要増に連動する形で翻訳の外注コストは増加傾向にあり、翻訳業界の市場規模は2020年に550億ドル、2021年には583億ドルに拡大することが見込まれている。企業が前出したWebサイトのありかたを体現するには、保有する大量のデータを低コストに多言語化し、高速に発信しなければゴールにたどり着くことは難しい。

「近年は、SDGs(持続可能な開発目標)やダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受け入れやそれをもとにした成長戦略)の手段として多言語化を掲げる企業も増えています。当社ではこれらの目的も含めたすべてのWebサイト多言語化に対応しています」(秦氏)

 従来の多言語システム運用は、数ヵ月から数年という長い開発期間を要し、初期開発費用は数百万から数千万円、運用費用も数十万から数百万円、翻訳はこれらに加算される形で費用がかかっていた。長期にわたる人員確保が必要となり、継続的な運用には企業体力を要するため、ハードルが高いと感じていた企業も多いのではないだろうか。

 しかし、「WOVN.io」であれば、まず日本語サイトを構築した上で、Webサーバーに対してライブラリを導入する、または対象ページに1行のスクリプトを差し込むだけで多言語対応が可能となる。また、Webサイトのテキスト・タグ情報などを日本語サイトから自動取得することで、指定の言語に自動翻訳されるため、開発期間は数日から1ヵ月半程度と短期間で構築ができるのも特徴だ。翻訳の確認・修正やレイアウト調整を含めても、3ヵ月程度だと秦氏は説明する。さらに、言語ごとにWebサイト自体やコンテンツを用意する必要がなくなるため、システム面での初期費用や運用費用を抑えることができ、自動翻訳を利用すれば翻訳費用も削減可能だ。また、既存のCMSや海外のECプラットフォームとも連携実績があるため、導入もスムーズに進めることができる。

「イニシャルコスト・ランニングコストともに削減することができるのが『WOVN.io』の特徴です」(秦氏)

次のページ
ローカライズに欠かせないQCDバランス ポイントを踏まえ適切な判断を

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzine Day 2021 Autumn レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

奥野 大児(オクノ ダイジ)

1971年生まれのライター・ブロガー。20年ほど企業内でデータベースエンジニアや社内SEを経験してからフリーに。 執筆ジャンルは、IT・ガジェット・歴史・ドラマ・グルメ・将棋・旅など。ブロガーを活用したPR施策も受け付けています。●Blog:https://www.odaiji.com/blog/ Tw...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9679 2021/10/22 11:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング