SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECを始める前に!コマースメディア新人店長研修

EC売上が伸びない、ツール導入が承認されない悩みは「利益」の可視化で解決するかも PL作成のススメ


 コロナ禍を経て、企業が持つ店舗のひとつの「ECサイト」ではなく「EC事業」にランクアップすることが求められている。そのためには、売上アップだけでなく利益を可視化することが重要だ。可視化することにより、伸び悩みやツール導入が却下されるなどEC店長の悩みも根本的な解決に向かうかもしれない。Shopify Expertsとして知られ、モールと自社ECどちらの運営にも強いコマースメディアの井澤さんに話を聞いた。

ECのなんかうまくいかないモヤモヤに PL作成のススメ

ーーリアルビジネスが主流だった企業でも、ECに求められる売上や企業における立ち位置が大きくなってきました。要望に応えていくために、EC店長がレベルアップする秘訣を教えてください。

 EC店長の仕事は、大きく「攻め」「守り」のふたつに分けることができます。攻めの代表はマーケティングで、テクノロジーの進化もあってメディアでもよく取り上げられています。守りはカスタマーサポート、物流といったバックヤードの仕事です。これらのツールだけでも数えきれないほどありますよね。EC店長には、個々のツールや業務をある程度理解したうえで全体を統括する、オーケストラの指揮者のような役割が求められています。

 企業内で存在感を増すEC店長の仕事にぜひ加えていただきたいのが、予実管理、PL(損益計算書)の作成です。EC事業のマネージャー職には必須のスキルだと考えています。コマースメディアでは、さまざまな企業様にECコンサルに入らせていただいていますが、EC事業のPLを作成している方にはなかなかお会いできません。よって、当社でお手伝いして作成するところから進めていきます。

 現状のECにいくつか課題がある背景には、EC店長の仕事が経営に近いレベルになってきているにもかかわらず、企業経営者がECのことをあまりご存じないため、EC店長に丸投げしているという実態があります。EC店長は、デジタルに強いといった資質から抜擢されることが少なくないため、経営に近いレベルの仕事をする準備が整っていない場合が多いのです。上流工程に未整備なところがあるため、現場に課題が散見してしまっているのがECの現状です。

コマースメディア株式会社 代表取締役/Shopifyエバンジェリスト 井澤孝宏さん

ーー多忙さと権限やスキル不足などがネックになりそうですが、PLの作成までEC店長ができるものですか?

 私たちがECコンサルに入らせていただく場合は、かならず「利益」までコミットします。そのためには、広告費、物流費、人件費などかかっているコストをすべて書き出し、PLを作る必要があります。それがないと、次に何をするかが見えてきませんから。

 「とにかく売上をあげてほしい」とご相談いただいたものの、PLを作ってみると売上は上がっているけれど利益が出ておらず、まずは赤字をなくすことから始めるというケースもあります。コロナ禍でECが企業にとって重要な事業になったことで、これまで野放しになっていたEC事業にテコ入れが入るようになってきたとも言えます。

 経営者は数字の根拠があれば納得するため、PLがあれば共通言語ができます。「こういうツールを導入したいのに、承認が降りないんです」というご相談をいただくこともありますが、数字をもとにした説得ができなかったのではないでしょうか。最強のEC店長とは、「今月のECの利益いくら?」と聞かれて即答できる人です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
多忙だからこそ一度立ち止まり、数字からECの現状を把握しよう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECを始める前に!コマースメディア新人店長研修連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9168 2021/08/04 08:24

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング