SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

季刊ECzine vol.14定点観測

ECの利便性を高める動画活用 目的意識を持った挑戦を

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。エッジの久保田さんに、動画について聞きました。 ※本記事は、2020年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.14』に掲載したものです。

デジタルシフトする企業の増加 動画で利便性向上へ

 2020年、人々の購買行動のデジタル移行が急速に進む中で、動画によるプロモーションの方向性にも変化が生じていると久保田さんは語る。

「新型コロナウイルス感染症の拡大を契機に、これまでは実店舗での接客ありきでビジネス展開を行っていた企業も、対面接客を前提としない新たなビジネス展開、戦略にシフトしているように感じています。Zoomなどを活用したデジタル接客を取り入れたり、ECへの送客を積極的に行ったりと、これまで以上にオンラインに力を入れ、それに合ったメッセージ訴求を行う企業が増えています」

 これまで実店舗を展開する企業の中には、オンラインをあくまで販売チャネルのひとつとしてとらえ、利便性向上や情報提供のためにECサイトを整備するケースも存在していた。しかし、今後は店頭に足を運ぶ前の情報収集や購入検討、店頭で実物を確認した後の購入の場としてのみならず、情報収集から購入までを一気通貫で提供できる場として、ECの利便性をより向上させる必要があると言える。

「商材にもよりますが、ECで情報収集する顧客に、検討から購入までスムーズに進んでもらうには、利用シーンや使いかたが詳細にわかるような訴求をより極めていく必要があります。これまでは実店舗の店頭のみで提供していた情報をEC上にも掲載すれば、購入までの道筋をさらに縮めることが可能です。テキストや写真よりも多くの情報を補完する術として、ぜひ動画を活用していただきたいです」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
広がるライブコマース需要 まずは挑戦から

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.14定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/8279 2020/10/19 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング