SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

“つながる”フルフィルメント+α

進むオムニチャネル、「部分最適」なシステムで遅れるEC データをフル活用するには?


フルフィルメントに関するその月のトピックスをお届けします。

進む、オムニチャネルマーケティング

 大企業を中心に、組織の再編成が始まっています。

 従来ではECとリアル店舗、システム、カスタマーサポートというように、それぞれの部署のトップが担当部署のKPI管理を行っているのみで、部署間を連携するような戦略は持っていませんでした。自分の部署の売り上げが人事評価の対象だったこともあり、部署間で顧客や在庫を奪い合うような姿さえ見受けられました。今でも、まだまだそういった企業は多数あります。

 しかし、顧客や在庫データの重要性に注目した大企業は、いち早く「リアルからECへ」「ECからリアルへ」顧客を送客することにしました。そのためにバラバラだった「部署」と「システム」を統合し、「業務」と「データ」一元管理したのです。

 リアル店舗でもECでも同じ体験ができるようになった結果として、顧客の利便性は向上しました。また、今までキャッチアップされていなかった顧客の声が販売や生産の各現場で共有されるようになり、そこから新しいサービスや商品を短いリードタイムで顧客にお届けできようになりました。顧客、販売、在庫、位置データなど、データをフル活用したマーケティング、マーチャンダイジングが普及し始めています。いわゆるオムニチャネルマーケティングです。

 フロントだけの単機能ECサイトでよかった時代は、もはや終わりに近づいています。競争が激化している市場の中で、顧客を囲い込み、販売シェアを高め、収益率を高め、さらには、新規市場を開拓するためには、顧客を中心に据えた顧客ロイヤリティマネジメントの考え方をE-コマースに実装しなければなりません。

 弊社・辻の「“つながる”フルフィルメント」でお話しさせていただいたように、顧客との関係性に力点を置き、既存顧客との関係を深め、「1人ひとりの顧客と向き合い、より優れた購買体験を演出することで顧客満足度を向上させ、顧客と強い関係を築く」が重要です。

 しかし、顧客の心をつかみ、強いインパクトを与えることは、数年前よりも一段と難しくなってきています。消費者がスマホ、ビデオ・オンデマンドなど個人市場にターゲットを絞った多様な製品やサービスを追い求めていくため、従来型のマーケティングの多くがその効果を発揮できなくなってきています。

 また、マルチメディアを無料で提供するサービスや、ECサイトの競争が激化しサービスが洗練されていった結果、顧客側が今まで以上に多くの価格情報と商品情報を入手できるようになったという側面もあります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ECもデータを活用した「顧客囲い込み」戦略へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
“つながる”フルフィルメント+α連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社PAL ECフルフィルメント事業執行役 本多正史(ホンダマサシ)

大手小売会社にて、多品種少ロット対応可能な物流センターの立ち上げなど、業務を一から作り上げ軌道に乗せる業務を複数経験、国内最大手運送会社の3PL部にて、85億の支店の営業統括責任者、支店統括副責任者を歴任後、株式会社PALにて年間100社を超えるECバックエンド業務の再構築・支援を行い、ネットとリアル店舗を...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/764 2016/08/09 15:37

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング