SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

EC関連企業の財務状況をきまぐれにチェック

今後も日本のネットインフラを支え続けられるか GMOグループの経営状況を数字でチェック!

 「すべての人にインターネット」を合言葉に、「日本を代表する総合インターネットグループ」の実現をめざすGMOグループにスポットを当ててみた。

日本のネット普及とともに歩んできたGMOグループの歴史

 GMOインターネットを中心とするGMOグループといえば、上場企業が多いことで知られる。

 親会社のGMOインターネットを筆頭に、子会社のGMOアドパートナーズ、GMOペイメントゲートウェイ、GMOフィナンシャルホールディングス(HD)、GMOクラウド、GMOペパボ、GMOメディア、GMOリサーチ、GMOTECHと、上場会社は9社を数える。

 コーポレートガバナンス(企業統治)の観点から親子上場の解消に動く企業グループが目立っているだけに、GMOグループの動きは異例といっていいだろう。

 たとえば、パナソニックは三洋電機や日本ビクター、松下電工、パナホームといった上場子会社を抱えていたが、現在の上場企業はパナソニック1社である。上場子会社が20社を超えていた日立製作所ともなれば、4社にまで減少させてきた。

 事業の選択と集中にともなうグループ内再編や事業売却などを進めたという要因も大きいが、親子上場は確実に減少傾向にあるだけに、GMOグループの今後の株式市場での対応には注目しておきたい。

 GMOグループのビジネスを確認しよう。

 グループの中核企業であるGMOインターネットの出発は1991年。ネット黎明期に産声をあげた会社だ。95年にはアクセス事業、97年にはサーバー事業を開始。同社は日本におけるインターネットの普及とともに歩んできたといっていいだろう。

 ヤフーが情報検索サービスをスタートさせたのは96年。エム・ディー・エムとして出発した楽天が、ネットショッピングモール「楽天市場」のサービスを開始したのが97年である。GMOインターネットは、会社としてはヤフーや楽天の先輩でもあり、ネット事業では同期ともいえるだろう。ただし、ビジネス路線はヤフーや楽天とは異なる。技術系のネット企業だ。

GMOインターネットの事業概要

 表にまとめたように、GMOグループの事業は「インターネットインフラ事業」「インターネット広告・メディア事業」「インターネット金融事業」「仮想通貨事業」「インキュベーション事業」の5つに大別できる。展開する事業のターゲットは「法人」「個人」「EC事業者」と全方位である。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
国内シェア9割を誇る、ネット上の住所「ドメイン」事業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EC関連企業の財務状況をきまぐれにチェック連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ビジネスリサーチ・ジャパン(ビジネスリサーチ・ジャパン)

1995年設立。代表・鎌田正文。週刊誌や月刊誌、経済誌などを中心に、金融・流通・サービス・メーカーなどの各分野から経済全般まで、幅広く取材・執筆。著者に『図解! 業界地図 2018年版』(プレジデント社)、『図解 これから伸びる企業が面白いほどわかる本 2012年版』(新人物往来社)、『図解 人気外食店の利益の出し方』(講談社+α文庫)、『[図解]儲けの秘密がよくわかる本』(PHP研究所)、『[図解]気になるあの会社の給料がわかる本』(PHP研究所)『取締役の値段 6: 社会インフラ関連業界 [Kindle版] 』『図解!業界地図2017年版』など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/7159 2019/11/25 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング