記事種別

災害時、インバウンド観光客にも「安全に帰ってもらう」のが使命 草津温泉旅館協同組合理事長に聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/10/05 07:00

 草津本白根山の噴火(2018年1月23日)の際、群馬県草津町の迅速な対応により大きな混乱は避けられた。もちろん噴火地点から草津温泉街からまでは5キロ以上離れており、町自体に直接的な影響を及ぼさなかったということもある。ただ災害時に冷静かつ迅速な対応ができたのも、以前から災害に備える“準備力”があったからだ。災害時のインバウンド対応など、旅館「草津温泉 望雲」の代表で、草津温泉旅館協同組合 理事長の黒岩裕喜男さんにお話を伺った。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:インバウンドビジネス最前線

もっと読む

2014年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5