SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Spring

2022年3月17日(木)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年冬号(vol.19)
特集「Accelerate OMO ~人×テクノロジーでアップデートする店舗DX~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

インバウンドビジネス最前線

災害時、インバウンド観光客にも「安全に帰ってもらう」のが使命 草津温泉旅館協同組合理事長に聞く


 草津本白根山の噴火(2018年1月23日)の際、群馬県草津町の迅速な対応により大きな混乱は避けられた。もちろん噴火地点から草津温泉街からまでは5キロ以上離れており、町自体に直接的な影響を及ぼさなかったということもある。ただ災害時に冷静かつ迅速な対応ができたのも、以前から災害に備える“準備力”があったからだ。災害時のインバウンド対応など、旅館「草津温泉 望雲」の代表で、草津温泉旅館協同組合 理事長の黒岩裕喜男さんにお話を伺った。

観光地の防災は“迅速な対応”と“日頃の備え”がポイント

―――噴火時の温泉街はどのような状況でしたか?

黒岩 草津の温泉街では噴火の音も聞こえませんでしたし、「噴火した」と言われなければ気づかないくらいでした。私は、午前11時からの商工会の会議に向かうため、温泉街を歩いている途中に、噴火の事実を知らされ、山のほうを見たら煙が上がっていたので気づいたくらいです。当初はそれほど大きな噴火ではないだろうと考えていたのですが、会議の途中、お昼過ぎくらいから新聞社などマスコミから電話が入り始めて。これは「たいへんなことだ!」とわかり、観光協会長、商工会長と一緒に役場に直行しました。その時にはすでに対策本部が立ち上がっており、消防団を招集して、わかる範囲の情報を集めて伝達し、現場で待機するという段取りが素早く取られているところでした。

今回、とにかく町長の判断が早かったことで、対応が後手にまわることがなかったです。マスコミ対策も噴火の5時間後の午後3時には、「噴火に関する取材を受けた場合には、町役場に聞いてください」という情報発信一元化の流れもできました。大きな混乱はまったくありませんでした。年に1回は防災会議を行っていますし、数回は白根山の駐車場から噴火の際にシェルターに誘導する訓練も行っています。

ちょうど春節の時期でしたから、中国・台湾・香港のお客様が多く、スキーを楽しんでおられる中、たまたま噴火に遭遇した台湾のお客様が噴火時の動画をウェブ上に公開したことで「大丈夫なのか?」というお問い合わせを多数いただきました。この映像をテレビで見た方も多かったのではないでしょうか。実は次の日、映像を公開した台湾のお客様は、安全なゲレンデを教えてもらい、再び草津国際スキー場(現 草津温泉スキー場)でスキーを楽しんで帰られたようです。

旅館「草津温泉 望雲」代表で、草津温泉旅館協同組合 理事長を務める黒岩裕喜男さん

――――災害が起こると、その後の観光客への影響も心配されるところですが。

黒岩 次の日の1月24日、町長が「今回の水蒸気爆発は草津温泉街からは5キロ以上離れているので問題ない」という公式文書を発表しました。旅館組合では、旅行会社やOTA、日ごろお付き合いのある方々にこの文書を配信しました。この公式文書に関しても、とにかく対応が早かった。災害時は、対応の迅速さと正確で説得力のある情報の発信がキーになってくるかと思います。メディアに対し情報の一元化ができていないと、情報が錯綜し、混乱を招く可能性もありますから。「噴火に関しての情報は町からしか発表しない」ということを組合員に徹底したおかげで、誰に状況を尋ねても同じ情報が返ってくるということになりました。メディア対応は本当に重要になってくると思います。

また町長の公式文書を4ケ国語に翻訳し、ウェブに公開しました。それが効果を発揮したのか、インバウンド観光客のキャンセルは少なかったです。日本人よりもインバウンド観光客のほうが戻りが早かったのは本当に驚きでしたね。多言語の情報はウェブで発信するのが一番早く伝わるようで、これからも多言語ウェブ展開は注力していきたいと思っています。

最近、旅行会社さんが口を揃えて言うのが、日本人の国内旅行市場が縮小しており、1割以上落ち込んでいるエリアも少なくないということです。さらに、「人生100歳時代」という言葉が出てきたことにより、年配の方の買い控えが始まっているという話も聞いています。そう考えると、観光業がインバウンドを増やしていくのは当然なことなんです。今後、草津も海外の人に選ばれる観光地になっていかなければならないと思っています。

 旅館組合としては、インバウンドも含めたすべてのお客様に無事に帰っていただくことを使命と考えています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
アプリやチャットボットで5言語対応!防災マニュアルの共有も

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
インバウンドビジネス最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

浦澤 修(ウラサワ オサム)

ライター・編集/株式会社オージャパン 代表取締役 浦澤修

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/6054 2018/12/20 14:56

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年3月17日(木)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング