記事種別

[韓国越境EC成功物語]ユニセックスカテゴリと10代が楽しめるサイトで日韓から支持「メロンショップ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/11/14 11:00

 韓国は、全国にわたる高速インターネット網の構築や高いスマホの普及率などで小売産業のEC化が進んでいて、事業者によるEC起業が非常に活発な状況です。最近では、地理的、文化的に近い日本市場に向けて「越境EC」に取り組む事業者が増え、若年層の注目を集めるケースも増えつつあります。本コラムでは、韓国のグローバルECプラットフォーム「cafe24」を通じて開業したユニークな韓国の越境ECショップを紹介したいと思います。

ユニセックスカテゴリで日韓若年層から人気の「メロンショップ」

メロンショップは、若年層の特徴を捉えたECサイト運営に取り組んでいる

 カジュアル衣類販売を手がける「メロンショップ」は、流行に敏感な10~20代の男女顧客から支持を得ているEC発ブランドです。

 メロンショップを率いる金ユソンCEOは、2009年、10代をターゲットにECサイトを開業しました。毎年、韓国EC市場の成長に伴い競争が激しくなる中、メロンショップは継続的な成長を遂げています。

 激しい競争下でメロンショップが成長を続けている要因を、「価格競争力確保」「デザイン」「ターゲット層に合わせた個性的なサイト運営」だと金CEOは見ています。

「10代の顧客がターゲットですから、オリジナル商品の割合を増やしながらも、価格でも競争できるよう取り組みました。これに加え、品質向上やトレンドを捉えた商品開発にも力を入れるなどして、顧客が継続的に訪問したくなるサイト作りに取り組みました」

10代が話す言葉で商品説明 2017年の目標年商は45億円

ユニセックスカテゴリーはペアルックを楽しむ日韓若年から人気

 メロンショップでは、テイストを維持しながら豊富に商品を揃えるため、MD(商品企画者)とファッション誌や海外ブランド調査などを行っているそうです。

 また、ターゲットである10代の特性を徹底的に分析し、サイト構築に活かしています。たとえば、商品名と詳細ページの説明コメントには10代が日常会話で用いる言葉を使ってみたり、スナップ写真やメニュー構成にも工夫が見えます。

 こうして韓国で成長を重ねたメロンショップは、ファッショントレンドが類似している日本市場参入を目指し、今年グローバルECプラットフォーム「cafe24」で日本語のECサイトを立ち上げました。

 「2017年は、韓国と日本市場で年商450億ウォン(約45億円)を目指しています。今後も、価格とトレンディなデザイン、面白いサイト構成など弊社ならではの競争力を活かし、日韓両国の顧客に愛されるブランドを目指していきます」(金CEO)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:韓国の越境ECは、なぜ日本の若者に響くのか?魅力を徹底解説

2017年05月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5