記事種別

アフィリエイトにもLTVの概念を『R∞ LTV』が拓く新しい顧客管理手法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/06/28 11:00

 アフィリエイトと言えば、主に新規顧客の獲得が目的と考えられていた。しかしECにとってもうひとつ重要な指標は、いかにリピーターを創出できるかである。それを踏まえ、バリューコマースでは「アフィリエイト」に「LTV」という概念を組み込んだ新サービスである『R∞ LTV』を開発。その最初の導入企業となった、アイムの山下省三氏、丸山敦史氏を招き、バリューコマース 伊藤孝司氏、天野香純氏とその経緯について語ってもらった。

すべてのフェーズでアフィリエイトは重要
10年付き合えるパートナーとしてお互いを信頼

――アイム様の事業概要、新しいコスメブランドとそのマーケティング施策に『R∞(アール・エイト) LTV』を採用された理由についてお聞かせください。

山下(アイム) 当社は元々、化粧品や健康食品等の通信販売業を営んでいたのですが、2015年11月に第一三共ヘルスケアの子会社になったことを機に、『ブライトエイジ』という第一三共ヘルスケアが開発した化粧品の販売も担当することになりました。我々が所属する事業部は、事業の立ち上げから販売計画の立案、売上の拡大をミッションとしています。

2017年4月から『ブライトエイジ』の販売を始めていますが、当初から、バリューコマースさんの『バリューコマース アフィリエイト』と新サービス『R∞ LTV』でマーケティングの支援をしていただいています。

伊藤(VC) バリューコマースでは長くアフィリエイト事業を展開しておりますが、特に最近、リードを獲得した後の引き上げ、いわゆるリピート率が指標として重視されるようになってきました。マーケティングオートメーション『R∞(アール・エイト)』を提供するデジミホを子会社とし、CRM事業にも本格的に注力し始めたのは一昨年のことですが、我々が持っていた集客の仕組みと組み合わせ、獲得した顧客がその後どれほど売上に貢献するのかを分析しよう、という観点で開発されたのが『R∞ LTV』です。

『R∞ LTV』の特徴を端的に述べるなら、各種集客施策、およびその後のリピートにつながったお客様のデータを集約することで、どの集客手法や継続施策が優れていたのかを分析することができるサービスです。

それらの分析をもとにLTVを高めると判断される方策に予算を振り分けていくことが可能になります。具体的には、コンバージョンしたお客様の「注文情報」「顧客情報」を連携させていただき、「商品情報」「経由メディア情報」を加えた4つを可視化する仕組みになっています。

アイム様とは、以前から別の商品のマーケティング施策でご一緒していたのですが、タイミングなどの縁が重なり、『R∞ LTV』を最初にご導入いただくお客様となりました。

株式会社アイム HC事業部 事業部長 山下省三氏

山下(アイム) 当社としても、アフィリエイトは新規顧客獲得のみならず、すべてのフェーズで重要だと捉えています。成果報酬でコストがかからないため、つい放置してしまいがちですが、LTVという指標が可視化されることで、長い目で見た場合の売上拡大や優良顧客の醸成につながるものと考えています。

丸山(アイム) アフィリエイトは外せないですが、LTVという視点で考えると、当然のことですが継続しなければ意味がないと思っておりますので、バリューコマース様とは今だけではなく、将来的な展開も見据え、長くお付き合いをさせてくださいとお願いしています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ECホットトピックス

もっと読む

2016年08月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5