SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

MAでふさぐ「バケツの穴」。ヤフー小澤氏とバリューコマース加來氏が見る、ECとマーケティングの今と未来

 今年も開催された「バリューコマースサミット 2017」。同社の経営陣が戦略を発表し、とくに成果を上げたユーザーを表彰するイベントだ。今回はその中でも、同社執行役員の加來氏、同社取締役でありヤフーショッピングカンパニー長の小澤隆生氏、MarkeZine編集長・押久保の3名によって行われたパネルディスカッションの模様をお届けする。

バリューコマースサミット 2017開催 アフィリエイトもスマホシフト

 2017年3月10日、六本木のグランドハイアットにて「バリューコマースサミット 2017」が開催された。同社サービスを利用している広告主、法人・個人のアフィリエイトサイト運営者などが一堂に会し、華々しい雰囲気の中で催された同イベントでは、まず代表取締役社長の香川仁氏が登壇。

 同社の2016年度売上が過去最高を更新したことなどが報告されたほか、成果報酬金額でスマートフォンの比率がついに50%を超えたことが明かされ、アフィリエイト業界にも確実にスマホシフトの潮流が表れていることを感じさせる内容であった。

 その後、執行役員でありCSOの長谷川拓氏、アフィリエイト本部長伊藤孝司氏が続いて登壇し、EC市場の伸び、同社が展開するマーケティングオートメーションツール「R∞(アール・エイト)」を活用したCRM事業の展開や、今後の同社の展望についてなどが語られた。

MA、EC、メディアのプロによるパネルディスカッション。テーマは「マーケティングとEC」

 続いて、イベントはパネルディスカッションに移行。バリューコマース執行役員である加來幹久氏、親会社のヤフーのショッピングカンパニー長で、同社取締役でもある小澤隆生氏を迎え、マーケティング専門メディア「MarkeZine」編集長の押久保剛がモデレーターを担い、進行した。

 今回のディスカッションにおけるメインテーマは「マーケティングとEC」に設定され、EC業界の現状や今後の動向、それを受け、進化を続けるマーケティグテクノロジーをいかに活用すべきかが語られた。

押久保(MarkeZine) まずは最近のEC業界の動向について、どのように見ていらっしゃるかお聞かせください。

ヤフー株式会社 執行役員 ショッピングカンパニー長 小澤隆生氏

小澤(ヤフー) ECにかかわるようになって20年が経ちましたが、市場規模は今後もますます拡大していくことは間違いありません。日本全体の経済を見渡しても、これほど急成長している市場はないでしょう。そうなると当然、競争が激しくなります。各社、ポイントを何倍にします、注文から何時間で届けますといったサービス合戦の真っ只中です。これらは主に囲い込みのためであって、採算度外視なところがあるでしょう。いわば「序盤の殴り合い」をやっている状況と言っていいかもしれません。

加來(バリューコマース) インターネットでモノを買うことが当たり前になった今、「EC」という言葉の定義が拡大しているのは感じます。まだEC化できていないモノやサービスが見つかったり、もっと先鋭化したECのありかたが出て来るかもしれない。我々が気づいていない可能性がまだまだ転がっている、チャンスに満ちた時代だとも言えます。

次のページ
「バケツの穴」をふさぐためのMA。Yahoo!ショッピングでは5,000以上の店舗に導入

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡邊 徹則(ワタナベ テツノリ)

株式会社Version7代表取締役。Web・コンテンツ制作、分析、マーケティングなどを手掛ける。 執筆業では、主にソーシャル、EC、海外サービス、メディアなどが専門。 会社概要 - seven@ver7.jp - Twitter/Facebook @brigate7

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/4397 2021/09/13 12:58

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング