SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineへんしゅーちょーが訊く

アクセス解析ブログ・メルマガを書き続けて10年間営業ナシ! 運営堂・森野さんのキャリア


 編集長ワダが、ECzineのクリエイターさんたちとゆるくお話しするブログです。今回のゲストは、3年前のECzineスタート時から、Googleアナリティクスなど分析系のネタを中心に記事を書いてくださっている、森野誠之さんをお招きしました。第1回は、森野さんがライターとして活躍するに至るまでのキャリアについて。

運営堂・森野さんはなぜ毎日、メルマガを出すのか。アクセス解析ライター誕生の秘密

(ワダ)森野さんはウェブの分析屋さんが本業だと思いますが、ウェブメディアでの執筆活動にも精力的です。今に至るまでの、ご経歴から聞かせていただけますか?

(森野)以前は、名古屋のウェブの制作会社で営業をやっていたんです。その頃に、ウェブサイトを作っても売れない、問い合わせが来ないといった理由で、クライアントから怒られることがありました。基本的にウェブ制作会社は納品したら終わりなんですが、納品後にも何かできないかと考えていたところ、アクセス解析が出だしたんです。そこで勉強を始めると、Googleから無料でツールが出るらしいということになり、つまり、Google アナリティクスの登場です。これは間違いなく来るだろうと思い、細々とブログを書いたり調べたりしていました。

運営堂・森野誠之さん(左)とECzine編集長ワダ(右)

(ワダ)Google アナリティクスが出る前からアクセス解析をやってたということは、何年くらい続けているんですか?

(森野)もう11~12年かな。

(ワダ)そんなに長くなるんですね。脚光を浴びたのはいつですか?

(森野)脚光を浴びたわけでもないのですが、アクセス解析についての話し相手が欲しいから東京へ行こう!と思い始めた頃に、アクセス解析協議会の「a2i」ができて、ほぼ毎回セミナーに参加していました。そうしたら事務局長の衣袋さんたちと仲良くなって、書いていたブログがメルマガに取り上げてもらえるようになったんです。Google アナリティクスについて書いている人があまりいなかった、早かっただけだと思います。

(ワダ)なぜ、ブログを書いたんですか?

(森野)その頃には独立してひとりでやっていたので、ブログくらい書かなきゃいけないだろうと。

(ワダ)どうして独立したんですか?

(森野)単純に言うと雇われるのが無理だったっていう。社会不適合者みたいな(笑)。それなら、自分から営業をかけるよりも、「お仕事お願いします」と頼まれるようになったほうがいいだろうと考えました。頼まれるにはそれなりのことをしようと思って、まずはブログを書くことにしました。

アクセス解析は、日々の情報収集が欠かせません。それでRSSに登録すると、未読ができるじゃないですか。それを読んで、ブログにまとめて公開すれば全部読むようになるだろうと思ったのも理由のひとつです。そうしたら、読んでくれる人が増えてきたと。

(ワダ)メルマガは平日の朝、毎日ですよね。書くようになったのはいつですか。

(森野)ブログを始めて7年、ニュースのまとめを始めてから2年ぐらいのタイミングです。メルマガにしたのは、ブログを見に行くのがめんどくさいという声があったからです。土日と年末年始と、ニュースがないときはやってないです。

(ワダ)でもすごいですよね。今もやってるんですか?

(森野)やってます。単純にやめられなくなったから。やめる理由とタイミングを失った感じです。旅行に行ってもやってますかね。あまりにも毎日やってるんで、お風呂入らないと落ち着かないってそんな感じです。

(ワダ)じゃあ、やめるつもりないんですね。

(森野)やめてもいいんですけど、やめたらどうなるかわかんないですね、自分が。不安になるかもしれないです。

ソーシャル時代、ブログとメルマガは仕事につながるのか

(ワダ)仕事につながったりしてるんですか。

(森野)いっぱいつながってます。インプレスさんの「ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ」も、このブログのようなものをネット版でやってくれと言われて始まりました。それを見ている人が多くて、新規のお客さんのところに行っても、自己紹介しなくても済んだりするので楽ですね。

(ワダ)メルマガを継続することは苦じゃないんですね。

(森野)もう、5年もやれば。 最初は4時間ぐらいかかったので。どんだけ暇だったのかって話ですけど(笑)。

(ワダ)じゃあ独立したての時間があるときに始めたのが、よかったんですね。

(森野)そうですね。今は1時間もあればできます。スマホが出たというのも大きいですけどね。

(ワダ)10年前と比べたらソーシャルのシェアも広がりましたけれど、メルマガはまだ読み続けられてるんですか?

(森野)読んでるかどうかわからないですけど、今だと1,500人ぐらいに配信しています。

(ワダ)どういう読者が多いんですか?

(森野)もう全然わかんないです、メールアドレスしかわからないので。ドメインを見ると、ウェブ系も多いんですけど企業もあったり、たまにお役所もあったり、どこで知ってるのか全然わかんないです。

(ワダ)そこはアクセス解析しないんですね。

(森野)それ知っても、何もできないですよ(笑)。

(ワダ)確かに(笑)。営業もかけない主義だし。

(森野)そう、営業しないし、逆に顔が見えすぎると書けなくなりますね。[続く]

続き⇒ 第2回「バスケと同じ? 運営堂・森野さんに聞く、理系の文章力向上術とは」
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECzineへんしゅーちょーが訊く連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine立ち上げ。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/4297 2017/03/14 18:25

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング