記事種別

モデルが商品を紹介してくれるかも ショッピングSNS「#Cart」は独ドメECの心強い味方となるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

エクシーズのファッションECコンサルタントの金子さんが、ECとファッションを掛けあわせた記事を書いていきます。今回は、リニューアルしたショッピングSNS「#Cart」を取り上げます。

ショッピングSNS「#Cart」とは

 2013年からネットコンシェルジェがサービスを行っていた「People&Store(ピープルアンドストア)」が4月27日にリニューアル、サービス名称が「#Cart(カート)」になりました。

https://cart.st/

 #Cartは「ショッピング情報まとめ読みツール」。ユーザーは、複数の独自ドメインのお店をSNSのようにフォローすると、雑誌感覚で商品情報を見ることができます。クリエイターやモデルなど感度の高い「公式ユーザー」が100名以上参加しているため、その人たちをフォローすることによって、彼らが好む商品をチェックすることができます。

 また、#Cart上の対象店舗で購入すると独自のポイントが付与され、アイテムと交換することができます。そのアイテムは、公式ユーザーがセレクトしたデザイン雑貨など、#Cartらしさを表現しています。

EC事業者からは、「1日1分コピペで出来る無料集客サービス」

 こちらはEC事業者向けのサイトトップで、キャッチフレーズは「1日1分コピペで出来る無料集客サービス」となっています。

https://cart.st/business

 ネットショップをオープンして、困ることと言えば「集客」。私もセミナーなどに参加し て、一番聞かれることが集客です。 ネットショップの構築自体は、業界の努力などもあって、PCが得意ではない人でも簡単にできるようになりました。 しかし、問題はオープンした後。せっかくこだわって作って、自慢の商品を並べてもお客さんに見てもらえなければ売れるはずがありません。

 #Cartはその集客を、しかも無料で、簡単にできるというサービスになっています。ユーザー数は13万人を突破。参加している公式ユーザーにクリエイターやモデルが多いことから、ファッション、インテリア雑貨、食品などが人気カテゴリのようです。

成果報酬8%の「レギュラープラン」で多機能に

 無料で簡単に集客できるとはいえ、機能には制限があります。リニューアルに伴い、新しいプラン「レギュラープラン」も導入されました。これまでの無料プランは「お試しプラン」で、機能にも制限があります。

 レギュラープランは初期費用、月額費用ともに無料ですが、商品が売れた場合にかかる成果報酬が8%。「情報の優先表示」や「検索結果での上位表示」などで差が出るほか、ユーザーに対してポイントバックが可能だったり、この後説明する「オンラインキャラバン機能」などの追加機能なども利用できるようになっています。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:金子洋平のおしゃれEC通信

もっと読む

2018年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5