SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

制作会社のためのGoogle アナリティクス設定術

ASPのカートでGoogle アナリティクスを使うなら覚えておきたいクロスドメイン設定

この連載では、制作会社の方々に向けてASPショッピングカートでのGoogle アナリティクスの設定方法をわかりやすく説明していきます。今回はどうしても発生してしまうクロスドメインの処理を中心に、基本的な設定について説明します。

ASPカートにGoogle アナリティクス導入する際の、3つの問題

 ASPのショッピングカートにGoogle アナリティクスを導入する時には、必ずこの3つ問題が出てきます。

1.クロスドメイン処理が発生する

 価格の安いプランの場合は、カートやマイページは共用SSLになっていることが多いです。そうなると、Google アナリティクスではクロスドメインの処理をしないといけないのですが、これがプロであってもなかなか難しいです。

  クロスドメインの処理ができていないとどうなるかというと、購入ユーザーの参照元が全て自社ドメインになってしまいます。つまり、どこから来たユーザーが購入したのかが分からなくなってしまいますので、SEOやリスティング広告などの効果測定ができないわけです。

2.設定方法がASPごとに異なる

  タグを直接記述する場合もありますし、タグの入力欄に記述する場合もありますし、UA-XXXXXXXX-XXのようにIDだけを入れる場合もあります。また、バージョンアップ時に設定が変わることもありますので、慣れていないと設置はかなり難しいですよね。

  Google アナリティクスから話はズレますが、これ以外にもリスティング広告のリターゲティングタグやコンバージョンタグも入れないといけないことも多いので、何がなんだかさっぱりわからなくなる人も多いはずです。

3.カスタマイズが難しい

  商品画像や購入ボタンのクリックなど、ユーザーのアクションを計測する際にはカスタマイズが必要になりますが、ページ単位でのカスタマイズが難しくなかなか実現ができません。

  それなりに売れてきて細かい計測をしようと思うと、壁にぶつかってしまいますので、何とももどかしいです。

クロスドメインの処理だけは覚えておこう

  Google アナリティクスのクロスドメインの処理は、やることが決まっています。Google アナリティクスタグの設置方法がわかれば、それ以降は基本的にどのカートも同じです。一度覚えてしまえばこちらは簡単には変わりませんので、時間を作ってきちんと把握しておきたいですね。

  クロスドメインの処理の流れは、以下の通り(ユニバーサルアナリティクスでの流れ)です。

  1. タグを変更
  2. タグを設置
  3. Google アナリティクスのプロパティ設定で参照元を除外
  4. Google アナリティクスのビュー設定でフィルタを設定

 タグの設置はASPごとに異なりますので、次回から詳しく説明をしていきます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
タグの変更は3か所

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
制作会社のためのGoogle アナリティクス設定術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森野 誠之(モリノ セイジ)

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1800 2015/04/21 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング