記事種別

「本屋が本を売る」ために人力をフル活用
丸善&ジュンク堂スマホECサイトの役割を考える 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

欲しい本が決まっているなら、Amazonへ。では、リアル書店を運営する「丸善&ジュンク堂」がネット通販で提供するものとは? スマホサイトが果たす役割を中心に考えました。

「在庫表示」「取り置きサービス」でネット専業にはない価値を

 まず、丸善&ジュンク堂のスマホサイトで評価したいのは、店舗の在庫を確認することができるという点です。今、自分が探している本のある・なしを、お店に行く前に知ることができます。

 手に入れたい本があるから書店に足を運んでみたけれど、在庫がなかった。その手間とがっかりを避けるために、Amazonで買うという人も多いのではないでしょうか。

 また、「本」という商品の特性を考えると、実際に手にとって読んでみないと買いたいかどうかわからない、というユーザーもいるでしょう。そういったニーズに対し、実際の本を取り置いて中身を確認できる、「かんたん取り置きサービス」を提供しています。

 ネット専業のAmazonでは「なか見!検索」を提供し、書籍の内容を一部、ネット上で見ることができますが、実際に手にとって見ることはできません。

 Amazonができないことをやることが、問答無用で価値があるとは思いませんが、このサービスは、実店舗を運営している丸善&ジュンク堂だからこその価値だと考えられます。

 よって、丸善&ジュンク堂のスマホECサイトは、注文ツールとしての意味ではなく、店頭の商品在庫を確認し、取り置き予約をすることができるツールで、店舗送客をナビゲーションするサイトだと言えるでしょう。

 店舗へ来店してもらうことができれば、スマホサイトから取り置きした本だけではなく、その他の本・雑誌の「ついで買い」も期待できます。

本コラムの著者・飯野さん登壇!「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」

ECの歴史からデザインまで、12人のその道の専門家・人気講師が集結し、2日をかけてあなたを自社ECのプロにするための土台を作ります。本コラムの著者・飯野さんは、「スマホ売上UPのちょっとしたコツ50連発!」で登壇します。ぜひ、ふるってご参加ください⇒ ★★「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」の詳細・お申込みはこちら★★

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:新・スマホECユーザビリティの極意

もっと読む

2017年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5