SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

売りにつなげるECサイトデザイン

初心者・低コストでもできる! ECサイトの商品・イメージ画像の品質アップサービス

ECサイトをデザインするうえで基礎となる3つのポイントを紹介します。第2回は画像について。

フラットデザイン主流の今、美しく演出できる画像は重要

 ニューヨーク発のオンラインショップ構築サービスGoodsieのマーチン・ロバーツです。

 サイトを演出するうえで、画像やフォントは重要な役割を持ちます。どちらもサイト全体のイメージを大きく左右する要素となりますので、十二分に意識しながらサイト制作の準備を進めましょう。

 今日は、画像についてのアドバイスやヒントをまとめてみたいと思います。

 撮影や画像加工はスキルや知識を必要とする大変な作業ですから、プロに依頼した時のコストや、作業の難しさで挫折してしまう人も多いのではないでしょうか?

 サイトを制作する上で最低限必要になってくる画像は、スライドショーやバナーで必要なイメージ画像と商品画像になります。

 商品画像はもちろん撮影が必要になってくる領域ですが、イメージ画像はオンラインで安価にプロレベルの素材が購入できるレンタルポジサービスも登場しており、画像加工の領域も美しい仕上げを自動的におこなってくれるWebサービスが登場しています。

 大きな画像を大胆にサイト上に配置するフラットデザインが主流となっている今、シズルのある演出ができるイメージ画像と、「伝えられる」美しい商品画像を準備しましょう。

1.画像マーケットプレイスでイメージ画像を入手する

 iStockphotoは、手頃な値段で利用できる数千万点のロイヤリティフリーの写真やイラスト、ビデオなどがダウンロードできるマーケットプレイスです。

 画像はプロのカメラマンやセミプロが撮影した画像もたくさんあり、高度な検索機能で自分のイメージに近い写真素材や、アイコンとして利用できるイラスト素材などを探して、必要に応じてダウンロードできます。

 料金もリーズナブルで、「クレジット」(ポイント購入制)制の料金体系を導入しており、3クレジットで3,400円(2014年11月21日現在)から購入できます(1枚の画像の単価は1〜3クレジット)。

 通常、イメージ画像の撮影を行う場合は、カメラマン/モデル/スタイリスト/ヘアメイク/スタジオ代など数十万円のコストが必要になりますから、費用があまりかけられない場合に利用したいサービスですね。 同様のサービスは、アマナイメージズも行っており、こちらは国内の会社ということもあり、日本人カメラマンの画像がたくさんあります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
2.商品画像を撮影する

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
売りにつなげるECサイトデザイン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社新東通信 GoodsieJapanプロデューサ Martin Roberts(マーチン ロバーツ)

ノーコード/フリーデザインをコンセプトとしたニューヨーク発のECプラットフォーム「Goodsie」の担当プロデューサ。 1999年よりiモードコンテンツの企画制作、海外エンターテイメントコンテンツのディストリビューションや海外ブランド商品の輸入販売などに携わる。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1466 2014/12/08 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング