SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Winter

2023年12月7日(木)10:00~16:20(予定)

濃いつながりで盛り上がる エンタメDX・EC最新事情

進化する印刷技術 近々ライブ当日の思い出をそのまま持ち帰れるかも?エンタメグッズ展開の今とこれから

 動画配信サービスの発達により、世界中で時差なくコンテンツの視聴が可能になりました。これにより、日本発のコンテンツに関心を寄せる人々も全世界に広がりつつあります。こうしたファンが増えると同時に必須となるのが、コンテンツに関連するグッズをボーダーレスかつスピーディーに販売できる仕組み作りです。エンターテインメント業界の最新事情を解説する当連載、第3回はコンテンツの流行や人気によって売上が左右されるエンタメグッズ製作に欠かせない仕組みと、それらを活用する際の考え方について解説します。

前回の記事はこちら

何がいつヒットするかわからない時代に突入

 コロナ禍に在宅時間が長くなったことを契機に、全世界で動画配信サービスの需要と利用が高まりました。世界の動画配信・音楽配信・電子書籍市場は、2021年に合計14兆1,452億円(前年比21.7%増)、動画配信市場は9兆9,310億円(前年比24.5%増)と大幅に成長しています(総務省「令和4年版 情報通信白書」より)。

世界の動画配信・音楽配信・電子書籍の市場規模の推移及び予測
世界の動画配信・音楽配信・電子書籍の市場規模の推移及び予測(総務省「令和4年版 情報通信白書」よりBEENOS Entertainmentが作図)

 配信サービスの充実化により、アニメや音楽などのコンテンツが世界で時差なく楽しまれるようになっています。動画配信サービスは、現地にローカライズした字幕対応で視聴者層の広がりを見せており、日本のコンテンツのファンはこれまで以上に世界中に増えています。

 なお、日本のアニメ・漫画コンテンツの人気は、動画配信サービスだけがもたらしたものではありません。近年は、『THE FIRST SLAM DUNK』『すずめの戸締まり』など、日本発のアニメ作品が世界で公開されたり、『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』が任天堂とイルミネーションによって共同制作されたりと、劇場公開作品の勢いもすさまじい状況です。

 また、音楽の分野ではストリーミングサービス「Spotify」にて、アニメやゲーム、ボカロ、VTuberといった日本独自のポップカルチャーにフォーカスしたプレイリスト「Gacha Pop」が公開され、話題となりました。国境や時代を超越したコンテンツへのアクセスをかなえる配信サービスにより、今やいつ何がヒットするかわからない時代になっているともいえます。

動画配信サービス興隆で増えた全世界からのグッズ需要

 こうした動きは、関連グッズ需要の伸びにも寄与しており、アーティストやアニメキャラクターなどのEC構築を多数手掛けるBEENOS Entertainmentにも、海外進出を希望する事業者からの依頼が増えています。裏を返せば、配信サービスにおけるストリーミング数や映画の興行収入などといったコンテンツ需要の伸びに対し、グッズなどの「モノ需要」への対応がまだ十分ではないということです。

 アニメ放映や映画公開に合わせた国内向けの販促・グッズ展開は、同一ジャンル・作者の過去作品の反響や事前の評判を踏まえて当たり前のように行われていますが、定番作品や人気作品ではない新規作品が従来型の方法で海外需要も見越したグッズ展開をするのは、リスキーです。

 また、動画コンテンツと合わさった「バズ」の発生や、ストーリー展開などの理由から特定のキャラクター人気が急速に高まるなど、突発的かつ予測不能なグッズ需要の跳ね上がりも現代の特徴です。インターネットにより、グローバルと容易につながれるがゆえの需要の多様化も事業者にとってはうれしい反面、頭を悩ませる問題といえるでしょう。

 突発的な需要に対して反響を見てからグッズ製作をしても、従来型の方法では注文から商品送付までに数ヵ月を要します。すると、生産体制が整った頃にはコンテンツやキャラクターへの熱が冷めてしまい、販売機会を逃したり、仮に販売しても大量の不良在庫を抱えたりといった事態が起きてしまいます。ファンの期待に応え、こうした損失をなくすには、素早い商品展開が可能な体制構築が欠かせません

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ECサイト展開は現地展開までの時間稼ぎにも

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
濃いつながりで盛り上がる エンタメDX・EC最新事情連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

BEENOS Entertainment株式会社 代表取締役社長 玉谷芳和(タマヤ ヨシカズ)

2002年よりベンチャー・リンクにて、多岐にわたるコンサルティング業務に従事した後、2008年に当社に入社し、対中国向けBtoBビジネスの立ち上げに参画。2012年に国内有名アイドルグループのECサイト構築・運営受託や、D2C商材を開発・販売するモノセンス株式会社を設立。同社取締役として事業の立ち上げを行い、ライセンスビジネス、エンターテインメント領域にて事業拡大に貢献。2020年よりエンターテインメント業...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/13614 2023/11/01 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング