SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Shopify×サブスクで広がる物販ビジネスの可能性

事業成長を目指すならツール頼みの考えは捨てよう 野菜が摂れる生パスタで市場開拓を目指す「畑の贈り物」

 日本に古くから根づく「定期購入」のビジネス。D2CやECビジネスが発展するにともない、ただものを手に入れるだけでなくサービスまで含めた「サブスクリプション(サブスク)」を提供する動きが加速しています。フロアスタンダードの高松さんが、Shopifyでサブスクビジネスに挑戦する企業・ブランドからブランド・商品作りやShopify×サブスク運用に対する想いを聞き出す当連載。第3回は、まるごと野菜の生パスタ「畑の贈り物」を展開するtokyo farmfood株式会社へインタビューを行いました。

理想とするのは「おいしさで選んだら地球にも体にも優しい」商品

高松(フロアスタンダード) まずは、「畑の贈り物」というブランドについて教えてください。

平野(tokyo farmfood) 畑の贈り物は「世界一おいしいプラントベース食」を目指すライフスタイルブランドで、今は1食で1日分の不足野菜が摂れる生パスタを作っています。

 商品のポイントはふたつあり、ひとつめは「生パスタ1食分に70gの野菜が入っている」というところです。なぜ70gなのかというと、厚生労働省が成人の野菜摂取量の目標値を350gと定めているのですが、実際は1日に成人男性で約290g、女性で約270gしか野菜を摂取できていないというデータが存在することに起因しています(厚生労働省「平成30年『国民健康・栄養調査』の結果」より)。1日1食、僕らの生パスタを召し上がっていただくことで、1日の野菜摂取量の目標値から不足している70gを補えるような設計にしました。中には、「パスタは手軽でおいしいけど、体には良くない」といったイメージを持つ方もいるでしょう。こうしたイメージを払拭するためにも野菜を入れるようにしています。また、卵を一切使わないことでアレルギー対応や動物性の素材を摂らないヴィーガンの方にも召し上がっていただけるようにしました。

(写真右)tokyo farmfood株式会社 代表取締役 平野雄大さん
(写真左)株式会社フロアスタンダード 代表取締役 高松悠さん

高松 ふたつめのポイントについても、お聞かせください。

平野 ふたつめは、「地球にも優しい」という点です。畑の贈り物の生パスタに練り込んでいる野菜は、実は一般消費者の手元には届かない規格外の野菜を一部利用しています。二股大根などのように、味や栄養素はまったく変わらないにもかかわらず、見ための悪さで捨てられてしまう野菜は多く存在するのが実情です。これらをフリーズドライにした後に粉末にして生地に練り込むことで、廃棄野菜の削減やSDGsも意識しています。

 とは言え、僕らがもっとも大事にしているのは「おいしい商品を作ること」です。「健康でいよう」「地球に優しくしよう」といった考えや取り組みは近年のトレンドとして加速していますが、一般消費者がもっとも求めているのは「おいしさ」に違いありません。食生活において「何かを我慢する」「引き算で何かを選ぶ」のは、非常にもったいないことです。僕らとしては「おいしいから選びたい」と思ってもらえることを最優先とし、その裏側で「実は体にも地球にも優しい」という状況が実現できればと考えています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ものづくりとマーケティングは表裏一体 力を合わせ新価値創出へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Shopify×サブスクで広がる物販ビジネスの可能性連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社フロアスタンダード 代表取締役 高松悠(タカマツユウ)

 ふとしたきっかけで購入したアフィリエイトの情報商材を基に、四畳一間の部屋から個人でアフィリエイトを開始。その後、健康食品・美容ジャンルの商品ジャンルで実績を継続的に出し続け、2016年11月に株式会社フロアスタンダードを設立。長年ダイレクトレスポンスマーケティングで実績を残し続けてきた独自戦略でブランド作...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11834 2022/10/26 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング