SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

顧客ロイヤリティーとLTVを向上させる8つの方法

選択肢があればカゴ落ちは減る?ギフト・決済手段の多様化や情報の充実化で購入決断のチャンスを増やそう

 EC運営で多くの人がぶつかる「売上向上」という壁。継続的に成果を出し続けるには、顧客に長期的に支持されるブランドの基盤作りが欠かせません。本連載では「顧客ロイヤリティー」と「LTV」に目を向け、おすすめしたい施策やそれらを実現できるツール導入の考えかたなどを株式会社Kivaの野尻航太さんが紹介します。

 皆さん、こんにちは。ECのための延長保証サービス「proteger」を提供するKivaの野尻です。

 すぐに取り組むことができるECでの顧客ロイヤリティーとLTV向上に貢献する8つの方法を、2回に分けてお伝えする当連載。今回は前回の記事に引き続き、5つめから8つめの項目までご紹介していきます。

5. ギフト対応を実装する

 ECの売上を伸ばすには、「自分のための購入」だけでなく「誰かのための購入」が生まれる状態を作ることが重要です。需要を上手にとらえたギフト対応を行うと、「既存顧客によるギフト購入」「従来の顧客層とは異なる顧客からの新規購入」などが期待できます。

 ギフト対応を実現する上で欠かせない要素は、次のふたつです。

①ギフトラッピングに対応する

 ECにおけるギフトラッピングは、有料オプションであっても選ぶ顧客がいるほど需要が高いサービスと言えます。梱包の手間などが増える問題はありますが、ブランド専用の包装紙やラッピングバッグを用意し、オプション選択できるようにしておくと、より購入の確立を上げることができます。

②eギフトに対応する

 eギフトは、新たなギフトの贈りかたとして近年急速的に普及しているサービスです。メールやLINEなどのSNSで相手に受け取り用URLを共有するだけで、ギフトを贈ることができる仕組みとなっています。住所入力や受取日時の指定はeギフトを受け取った相手が行うため、住所や都合の良い日時がわからなくても手軽に使える点がメリットと言えるでしょう。

 ギフトラッピングとeギフト双方の導入を一度に実現するツールとして私がお勧めしたいのは、AnyReachが提供する「AnyGift」やハックルベリーが提供する「All in gift」です。Shopifyアプリとして提供されており、自社ECをShopifyで構築していれば初期費用・月額費用無料で利用することができます。

6. 後払いの決済手段を取り入れる

 EC利用者が増えるにつれ、顧客が求める決済方法も多岐にわたりつつあります。「クレジットカードを持っていない」「クレジットカード情報を入力するのが怖い」「商品が届いて現物を見てから代金を支払いたい」といった需要に応えるために広がりを見せているのが、「BNPL(Buy Now Pay Later)」と呼ばれる後払いサービスです。

 BNPLは、その名のとおり「今買って、後で支払う」というものです。未払いリスクが気になり導入をためらうEC事業者がいることも理解できますが、きちんとサービスとして提供されているものを活用すれば請求・督促業務を委託し、代金の未回収リスクを回避しながら売上向上などのメリットを享受することができます。

 後払いサービスを活用する最大の利点は、サービス提供事業者が代金の回収をすべて代行してくれる点にあると言えます。たとえ振込が遅延しても売上が保証されるのは、EC事業者にとっても安心です。それでいて、顧客に支払手段の拡充ができるとなれば、顧客体験向上にもつながります。

 多くのEC事業者が活用する後払いサービスとしては、「Paidy」「atone」「GMO後払い」などが存在します。サービスごとに特徴や利用料・手数料などが異なるため、導入時には比較検討して自社に合ったサービスを採用するようにしましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
7. ワンクリック決済を導入する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
顧客ロイヤリティーとLTVを向上させる8つの方法連載記事一覧
この記事の著者

株式会社Kiva 代表取締役 野尻航太(ノジリ コウタ)

 大学在学中に合同会社Puenteeを創業。千葉鍛治刃物の代理店事業を展開し、数多くの鍛治職人と飲食業界を繋ぐ。2019年よりベンチャー企業で新規事業開発室長としてコンテンツマーケティング、ECサイトを立ち上げ、事業売却までを経験。世界で使われるサービスを作りたいとの思いから、2020年株式会社Ki...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11704 2022/09/02 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング