SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

TikTok売れを起こすには バズる・売れるの両方を実現する動画クリエイティブとKPI設計ノウハウ

 TikTok for Businessは2月28日、『ECマーケティングで「TikTok売れ」を狙う!Webでの新規顧客の獲得に』と題し、ウェビナーを開催した。「日経トレンディ」による2021年ヒット商品1位となった「TikTok売れ」の解説や、Natee、HADOによるTikTokで購買につなげる動画クリエイティブのノウハウについて語られた。

TikTokは潜在的な需要を引き込み購買につなげる動画コマースに

 ウェビナー第1部は「TikTokのEC活用 入門編」。「EC業界で「TikTok売れ」を実現する方法とは?」と題し、TikTok for Business Japan, Senior Brand Strategist 駒﨑誠一郎氏が登壇した。

 TikTokは、グローバルでは30億ダウンロード(Sensor Tower調べ、2021年7月時点)、月間アクティブユーザーは10億人を突破し(2021年9月時点)、他に類を見ないスピードで成長を遂げている。なかでもEC事業者がとくに注目したいのは、「#TikTokMadeMeBuyIt」という現象だ。

「TikTokでその商品を知って購入し、TikTok上で『こんな良いものを見つけたよ』と紹介する動画に付けられるハッシュタグです。セミナー開催時点で、本ハッシュタグが85億回も閲覧されています。TikTok単体はもちろん、他プラットフォームにおいても、これほど閲覧されるハッシュタグは珍しいのではないでしょうか。TikTokで物を買うという行動がユーザーにとって身近になり、総合ECモールでの売上にも影響を与えるようになってきています」

 「#TikTokMadeMeBuyIt」の日本版とも言える「#購入品紹介」も、セミナー開催時点で23億回再生となっている。このような状況もあり、「日経トレンディ」による2021年ヒット商品では「TikTok売れ」が1位となった。

 なぜTikTok売れが起きるのか。ひとつはユーザー層やコンテンツの変化である。コンテンツジャンルは、現在では、グルメ、美容、ペット、美容、エンタメ、vlog、ニュースや英会話などの教養コンテンツと多岐にわたる。ユーザー層も拡大しており、3人に1人が25歳~44歳、25歳〜44歳女性ユーザーのうち、4人に1人が主婦ユーザーと購買力のあるユーザーの割合も増加している(App Annie調べ)。TikTokのイメージが数年前のまま固定化されているとしたら、それを払拭したいところだ。

購買力のある主婦層やミレニアル世代のユーザーが増加

  もうひとつのTikTok売れの理由は「おすすめ視聴」機能にある。グローバルでは、ユーザーがTikTokで過ごす時間のうち「おすすめ視聴」が8割を占めている。フォローユーザーの動画以外にも、興味関心を持ちそうな動画がレコメンドされるこのフィードでは、ユーザーは新たなコンテンツと出会うことができ、ユーザーはそれを期待して利用している。そのため、広告動画が流れてきてもコンテンツとして自然と受け入れることができる。

 「『おすすめ視聴』により、従来のメディアでは出会えなかった新しい情報が、動画+音声のリッチな表現ですっと心に入ってくるから買ってしまうのです。そしてその動画の投稿者のフォロワーが少なかったとしても、爆発的な広がりを起こす場合もあります。これが、TikTok売れのダイナミズムです。また、TikTok はEC領域との相性が良く、 3人に1人がTikTokでの購買経験を持っているという調査結果も出ています(TORIHADA調べ)。TikTokは潜在的な需要を引き込み、購買につなげていく動画コマースとなりつつあります」

ECに慣れ親しむユーザーがTikTokに
TikTokで売れるもの

 TikTokと相性の良い商品とは? 駒﨑氏もよく聞かれるそうだが、調査結果によれば「これ」と限定するのが難しいほど幅広い。TikTok経由で購買経験のあるユーザーはどのような動画を見ているかというと、「購入品紹介」「コーディネート」そして「(総合ECモールの固有名詞)」などのハッシュタグだ。購入した商品により、自身の生活がどうなるかイメージしやすい動画が閲覧されていることがわかる。

 TikTok売れの成功事例として、駒﨑氏は「KATE リップモンスター」を紹介した。商品をTikTok上で疑似体験できるエフェクトを作成、クリエイターに試してもらい、その動画を投稿してもらった。その動画を真似したユーザー動画が多数アップされ、発売から約10ヵ月で累計出荷数240万本を超える大ヒット商品となった。

@01310mu どれも色合いが良くって可愛い!!どの色がタイプ??✨ #リップモンスター ♬ リップモンスター - KATE

 クリエイターやユーザーによるオーガニック動画をネイティブ広告として配信できる広告プロダクト「Spark Ads」が2021年7月にリリースされているほか、「ブランド広告」「パフォーマンス広告」ともにさまざまなラインナップがある。広告効果測定は、ECサイトに「ピクセル」という独自のタグを埋め込むことで可能だ。

 最後に、EC向けの新しいソリューションとして、「コレクション広告」「ダイナミックショーケース広告」などを紹介した。

「コレクション広告」は、発見と興味・関心を促すために設計されたインフィード広告。瞬時にギャラリーページを表示することで、アプリから離れることなく、複数の商品やキャンペーンの内容を閲覧できる。「ダイナミックショーケース広告」はSKUの多い事業者向け、商品カタログを活用し自動化された広告である。精度の高いパーソナライズで、アプリダウンロード促進や購買意欲を高める。

次のページ
Nateeが伝授!TikTok売れを起こす3つのポイント

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11009 2022/04/15 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング