SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

日本の「贈り物」を変えるECモール「ギフトネットコム」誕生記念 辻野晃一郎×アスカネット代表対談

フォトブックなどで知られるアスカネットが、「ギフトネットコム」という新しいECモールを始める。すでに名だたるECサイトが出店を決めているが、辻野晃一郎さんらが運営する、日本のすぐれた商品を紹介する「ALEXCIOUS」も参画する。ギフト、EC、日本発、ネットビジネスについてアスカネット代表・福田幸雄さんと対談してもらった。

ギフトの課題をネットで解決 ECモール「ギフトネットコム」

福田ギフトネットコムは、ギフトの課題を解決する、新しいECプラットフォームです。贈り主のAさんが金額を指定すると、「ギフトコード」が発行され、郵送やSNSで贈ることができます。受け取ったBさんはギフトネットコムにアクセスし、ギフトコードを入力し、そこにある商品から好きなものを選ぶことができるという仕組みです。

 現在のギフトの贈りかたは、商品券などを贈って受け取り手に好きなものを買ってもらうか、贈り主が贈り物を選ぶかの2つです。ギフト市場の規模が17兆円という調査(矢野経済研究所)もあるのにギフトカードがそれほど浸透していないのは、贈り主が「金額がわかるものはちょっと」という思いがあるからでしょう。一方で、贈り主が選んだ物が受け取り手がもらいたいものとは限らない。よって多くの場合、「欲しくないものを贈られる」という状況になっているわけです。

 これらの課題を解決しようとギフトカタログが出てきたのだと思いますが、紙媒体では掲載する商品に限りがある。それがネットだったら、という考えから生まれたのがギフトネットコムです。多くの方のニーズに応えられるよう商品数を増やすため、ECサイトさんに出店のご協力をお願いしています。辻野さんのところの「ALEXCIOUS(アレクシャス)」にもご参加いただけることになりました(ギフトネットコムへの出店はこちら)

株式会社アスカネット 代表取締役 福田幸雄さん
新規事業「ギフトネットコム」でEC事業に参入

辻野:ALEXCIOUSは、伝統工芸品など日本のすぐれた商品、作り手を紹介するサイトです。新宿の高島屋さんにも出店していますが、昨今、オムニチャネルと言われるように、商品の出口を増やしていかなければいけない。その1つとして、ギフトネットコムへの出店を決めました。

 加えて、ギフトネットコムが新しい、ユニークなサービスであることに惹かれました。私は新しいことをやろうとしている人がいると、無条件に応援したくなってしまうものですから。

福田:ギフトネットコムは、大きく分けて2種類のギフトを用意しています。1つは辻野さんのところのALEXCIOUSのような、プレミアムなギフト。せっかくもらうなら、普段自分では買わないような、良いものを選びたいという人にオススメです。

 もう1つは、お酒やお米のような日用品です。出産祝いは、おしゃれなものよりとにかくオムツがたくさん欲しい!という声もありますから。これまでギフトとは認識されなかったものも並べることで、「本当に欲しいものを受け取る」ことができるようにしました。

辻野:Amazonや楽天市場のようなモールは、すでに欲しいものが明確になっている人が利用しますよね。それに対してギフトは、多くの場合、予算は決まっているけれど何を贈るかは決まっていないものです。ギフトネットコムでは、何を贈るか決まっていない人に、セレンディピティのようなきっかけを与えることができるのではないでしょうか。

 ALEXCIOUSも、最終的には作り手が自由に使えるプラットフォームを目指していて、半モール、半セレクトショップとして運営しています。作り手の方が英語サイト用の翻訳や顧客対応までするのは現状難しいので、当社でページ制作から受注や配送まで裏方の作業を請け負っているのが現状です。 

 すぐれたものは作れるが販売が下手だというのは、日本の全体の課題ですよね。これからは、世界に向けて、マーケティング、ブランディング、販路を作っていくといった、ビジネスプロデュースに注力していくと日本のモノがもっと世界に出て行くと思います。

アレックス株式会社 代表取締役社長兼CEO 辻野晃一郎さん
日本のすぐれた商品、作り手を紹介、購入もできる「ALEXCIOUS」を運営

福田:ギフトネットコムの出店の仕組みは、非常に簡単にしています。また、初期費用、出店料、月額システム利用料、決済手数料すべて無料で加盟していただけます。

 さらに、ギフトネットコムではギフトコードにもサイトにも商品の価格を表示せず、贈り主が指定した価格ごとに商品が切り替わる仕組みで、価格競争が起きません。贈り主、受け取り手だけでなく、出店者にもメリットがあるサービスにしています。EC事業者さんが販路を広げる際の1つにしていただければと思います。

次のページ
異業種だからこそ見える、贈り手と受け取り手のニーズ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

大森 大祐(オオモリ ダイスケ)

フリーランスフォトグラファー。 日大芸術学部写真学科卒業。 雑誌「パーゴルフ」カメラマンからフリーランス。 ファッション、タレント、ホテル、ブライダル、ゴルフ、ライブ、商品撮影など。■個展 ・Missing Santa~行方不明のサンタ~(青山同潤会アパート) ・「あの日あなたが生まれた」...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1039 2014/09/19 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング