SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.18定点観測

広告、動画、LINE、スマホ対応 モール対策も複合的な視点が必要に

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。いつもの羽田野さんに、モールについて聞きました。 ※本記事は、2021年9月24日刊行の『季刊ECzine vol.18』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

最低入札単価が下がり裾野が広がるRPP広告

 2020年春以降、EC需要の急速な拡大とともに出店店舗数を着実に伸ばし続けている楽天市場。今回は、同市場の検索連動型広告「RPP広告」において、CPC(Cost Per Click:クリック単価)の最低入札単価が値下げされた件について、最初に紹介したいと羽田野さんは言う。

「RPP広告は、これまで最低入札単価を25円としていましたが、2021年3月にRPP広告誕生3周年を記念したキャンペーンを実施し、一時的に最低入札単価を10円にまで値下げしました。恐らく同キャンペーンの反応が好評で、RPP広告の新規出稿者や利用金額が増えたと予想しています。その効果もあってか、最低入札単価を正式に10円へと変更する旨が告知され、2021年7月1日から新料金形態での運用がスタートしました」

 すでに広告出稿を行っている店舗、広告枠の争奪戦が激しいカテゴリーにおいては、新料金形態に移行してもさほどの変化はないものの、出稿のハードルが下がったことにより新たにRPP広告に目を向け、出稿を開始する店舗は増えている可能性が高いと羽田野さんは語る。

「楽天グループとしては、広告活用する企業を増やして広告収入も拡大していきたいという考えもあると思います。RPP広告の場合、カテゴリーにもよりますが、最低入札単価よりもある程度高い金額で設定しない限りは効果的な広告露出を図ることができないため、いつもが支援する店舗の中でも『最低単価が下がったから入札単価を下げよう』という動きはとくに見られません」

 しかし、限られた予算の中で広告運用を行う担当者の中には、25円から10円への値下げが大きな意味を持つケースもあるだろう。莫大な予算を持たずとも露出の機会を少しでも得ることができれば、新規顧客との出会いにつながる可能性もある。これまではRPP広告を販促手段の選択肢に入れていなかった場合も、「動向を踏まえて一度見直してみることをお薦めしたい」と羽田野さんは補足した。

 また、楽天市場はRPP広告の変更と同じ2021年7月1日より、新規出店者やプラン変更を行う出店者に対して、顧客の商品購入代金が税込3,980円以上の場合に「送料無料ライン」の導入を義務づけている。

「楽天市場は、『がんばれ!プラン』『スタンダードプラン』『メガショッププラン』と3種類の料金形態を設けており、それぞれ月額出店料が異なるほか、登録可能商品数やアップロードできる画像容量、システム利用料にも差があります。送料無料ライン導入以前にまずは様子見で、と格安なプランから出店開始した店舗が売上上昇とともにプランのアップグレードを検討する場合、同ラインに対応することも踏まえた上で利益率や運用コストの計算をする必要がありますので、要注意です。利益率が低い商材を扱う事業者は、新規出店をためらうケースも今後出てくる可能性があります」

 今後の楽天市場の注目すべき動きとして、羽田野さんはスマートフォン向けの店舗トップページのデザインリニューアルを紹介する。

「すべての店舗でデザインが統一され、HTMLの知識がなくてもスマートフォンに最適化されたページを作ることが可能となります。現時点で対応時期は2021年下旬と公表されていますが、この号が出る頃にはより具体的な日程が発表されているかもしれません。従来より店舗ごとに個性を発揮したデザインにするのは難しくなりますが、自由表現エリアも設けられているため、ある程度独自性を出すことは可能です。当社のクライアント企業様のデータを見ていても、今の楽天市場はスマートフォンからのアクセスが8~9割を占めているため、詳細が決まり次第早急に対応への準備を進めましょう」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
LINE公式アカウント導入で訴求手段増のYahoo!ショッピング

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.18定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/9581 2021/11/09 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング