SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.18定点観測

コミュニケーション軸からDX推進 LINEが提供する新接客・買い物体験

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。LINE関連サービスのPR担当の皆さんに聞きました。 ※本記事は、2021年9月24日刊行の『季刊ECzine vol.18』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

他社と手を組みEC・店舗のデジタル化を加速

 オンライン上で顧客とコミュニケーションを取る手段のひとつとして、今やさまざまな事業者が活用しているLINE。デジタル接客にも活用できるビデオ通話などの機能強化も進んでいるが、2021年5月14日には店舗スタッフをDX化するシステム「STAFF START」を提供するバニッシュ・スタンダードと業務提携契約締結を発表。同社のシステムを活用するスタッフのオンライン接客とLINEの活用を組み合わせ、新たな接客体験の提供と買い物体験のリデザインを目指した新サービス「LINE STAFF START」を共同開発する。

 同サービスの具体的な取り組みとして現在発表されているのは、次の2点だ。ひとつめは「店舗スタッフのLINE公式アカウントでオンライン接客(チャット、ビデオ、LIVE配信)を実現」。STAFF STARTに登録している7万人超の店舗スタッフがLINE公式アカウントを開設できるようにし、販売のプロから直接購入ができる環境を構築する。LINEが持つチャットやメッセージ、ビデオ通話、LIVE配信機能を活用してリアルさながらの接客体験を提供した上で、STAFF STARTが提供する売上計測などの仕組みを活用し、効果の可視化を実施。デジタル接客でもモチベーションを保つことができる仕組みを作り上げる。今後は、アパレル業界に限らずコスメ・食品・家電量販店などや、小売業だけではなくサービス業など、さまざまな業界での提供を順次進めていく予定だ。

 ふたつめは、「店頭での購買履歴や来店履歴との連携」である。デジタル会員証などをLINE上で提供することで、LINEアカウントと紐づいたオフラインでの購買履歴取り入れを実現。購買履歴や来店履歴に基づいた情報をLINE公式アカウント経由で提供したり、日々の接客に活かしたりと既存の体験をより充実させることが可能となる。

「LINE STAFF STARTは、2021年内のサービス提供開始を目標としています。アパレル業界に限らず、さまざまな業界へ新たな接客体験の提供と買い物体験のリデザインを行う予定です」

 また、LINEは同日にフィードフォースとの業務提携契約も発表している。店舗やEC運営を行う事業者は、この動きにも要注目だ。具体的には「EC事業者向けLINEログインパッケージ」と「実店舗事業者向け会員証パッケージ」のふたつを提供すると言う。前者はECサイトにLINEログインとMessaging APIを簡単に導入できるID連携サービス。LINEを活用したCRM、1to1コミュニケーションを実現するために必要な機能をまとめて導入できるようになる。後者は、LINEアプリ上にデジタル会員証を作成・搭載することでLINEを通じた会員管理とコミュニケーションの自動化・最適化を実現。両社は今後、LINEのユーザーIDを軸にさまざまなサービスと連携可能なマーケティング基盤を構築し、各領域の事業者との連携も進めることで、ECおよび店舗のDX推進を目指すとしている。

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
LINEマイカードへの広告配信 暮らし・お得情報訴求をより効果的に

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.18定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/9576 2021/10/11 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング