SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.05 定点観測

三大モール、レビュー施策強化 集めること自体が一石四鳥

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。いつも.の高木さんに、三大モールについて聞きました。※本記事は、2018年6月25日刊行の『季刊ECzine vol.05』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

楽天、6月にレビュー返信機能
サービス力が問われる

 今回の定点観測、三大モールに共有するトピックスとして、レビューの信憑性を高めるための施策が加速していると言う。

「各社これまでもいろいろな取り組みをしてきたのですが、ここ数ヶ月、新たな発表が相次ぎました。今回はそれを紹介していきたいと思います」

 まず楽天市場だが、2018年6月に、レビューへの返信機能をリリースすると発表した。

 「これまでは返信機能がなく、店長ブログに返信したい内容を投稿するくらいしかできませんでした。★1のレビューがつき、ネガティブなコメントがついたとしても、レビュー自体はそのまま表示しておくしかできませんでした。悪いレビューがついていること自体、楽天市場にとっても良くないこと。楽天全体の満足度をより上げていくための、取り組みのひとつだととらえています」

 本リリースに先立ち、4月に「未購入者によるレビュー投稿」を廃止。

「これまでは商品の未購入者であってもレビューが書けたのですが、今後はログインが必須になり、購入履歴がなければレビューを書けない仕様に変わります。誰が書いているかが明確になるため、悪意を持ってレビューを書く人が締め出される一方で、たとえばギフトとしてもらい、好意的なレビューを書きたいと思った人も書くことができなくなります」

 同じ楽天グループのサービスである楽天トラベルを見ると、ユーザーのレビューとそれに対するホテル側の返信のやりとりが頻繁に行われているものもあり、多くのユーザーが宿泊先を検討する際の参考にしていることだろう。

「楽天トラベルを見ると、評価の高いホテルはすべてのレビューに返信しています。理想を言うとECでもそうしていただきたいのですが、かなりたいへんな作業になるので、各ショップの判断に委ねるしかありません。おそらく、『★3以下がついたら返事をする』『すべてに返信する』といったルールを決めての運用になると思います。レビュー平均が4.7~4.8と高いショップは、すべてに返信していくのではないでしょうか。低評価のレビューには真摯な対応が求められますが、そこがショップのサービス力の見せどころではないかと思います」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
Yahoo!ショッピングはペナルティ 該当店舗は検索結果が最後尾に

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
季刊ECzine vol.05 定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/5757 2019/09/11 17:43

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング