記事種別

アドテクノロジーブームの落ち着き
土台を整備し本来のマーケティングへ

定点観測 マーケティングオートメーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 AppleのiOS11へのアップデートの影響が大きかったこの3ヵ月。プラットフォーマーは続々とライブコマースの機能を提供開始、コンテンツや広告のクリエイティブとして動画がメインストリームになりつつある。まだまだ、テクノロジーの進化によるECの変化は終わらない(※本記事は、2017年12月25日刊行の『季刊ECzine vol.03』に掲載したものです)。

カンファレンス「アドテック」で感じた流れ
テクノロジーからマーケティングへ

 2017年10月17、18日に東京国際フォーラムで開催された、マーケティングカンファレンス「アドテック東京」にブース出展したという大西さん。マーケティングオートメーション(MA)の本題から少し逸れるが、と前置きしながら感想を話してくれた。

 「アドテックは、『アドテクノロジー』をテーマにしたカンファレンスですが、テクノロジー色が薄れてきているように感じました。プラットフォーマーもそれほど大規模な出展は行わず、各分野の専門ツールベンダーが集まっていたという印象です。来場者は昨年よりも増えているとの発表ですが、アドテクノロジー熱は少し落ち着いてきているのかなと。アドテック以外でもアドテクに関する情報収集がしやすくなったこともあると思います。強いて目新しいところで言えば、インバウンドを意識したメディア出展などがありました。

 マーケターの関心が、最新テクノロジーを追いかけるよりも、それらを使ってどうコミュニケーションするかという、本来のマーケティングに戻ってきているのかもしれません。ソーシャルメディアのタイムラインを見ていても、キーノート3に登壇した糸井重里さんの話題が多かったように思います」

データ分析にAIはまだ早いか
APIでさまざまなツールがつながりやすく

 これは、1年前のバズワードとも言えるMAにも共通した傾向だ。MAツールベンダーの多くがLINE連携を終え、ユーザー企業が望んでいたLINEでのメッセージ配信が可能になっている。機能は揃い、どう使うかが問われている。

 「MAの主なコミュニケーション手段だったメールが、どんどん読まれなくなってきているというのは、多くの人が感じていることだと思います。これからますます、LINEがコミュニケーションのメイン手法に変わっていくでしょう」

 LINEともうひとつ、テクノロジー視点でのトレンドと言えばAIだ。MAに関連するところでは、シナリオを組む準備段階で、購買履歴やウェブアクセスなどのデータを用いた分析が行われており、その段階でのAIの活用が期待されている。

 「明確にAIを搭載していると謳っているMAツールは、数えるほど。理由は、事業者がそこまで高度な分析ができていないからです。当社はデータ解析を得意とする会社なので、分析に関するお問い合わせをいただくのですが、『今導入している分析ツールを使い切れていない』というお声が多い。具体的には、高機能ツールの代表であるAdobe Analyticsの値上げにより、継続して利用することに難色を示されている。導入できる体力を持つ企業であってもこうですから、それ以下の規模のEC事業者は推して知るべしです」

この続きは、紙の雑誌『季刊ECzine』のご購読者様のみ閲覧いただけます。
ご購読者様は、ログイン後すぐにウェブ上でこの続きを閲覧いただけます。

『季刊ECzine』とは

6月、9月、12月、3月と年に4回お届けする定期購読誌です。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。

  • プレミアム記事が読み放題
  • 読者限定イベントにご招待
  • ECzine Academy 20%オフ

季刊『ECzine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.03 定点観測

もっと読む

2015年08月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5