SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.22定点観測

ライブコマースでEC体験向上へ 物流は新規事業として別体制を

 EC事業者がおさえておきたい13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。オープンロジの伊藤さんに、物流について聞きました。※本記事は、2022年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.22』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

5月の百貨店売上好調 ECで高単価商材を売るには

 今回の特集テーマにちなんで、伊藤さんは日本百貨店協会が6月23日に発表した2022年5月の「全国百貨店売上高概況」と、そのデータを参照したいくつかの報道をもとに、高単価商材やラグジュアリー分野に関する消費動向を取り上げた。緊急事態宣言など行動制限のないゴールデンウィークを含む5月の百貨店売上高は57.8%増、入店客数は52.8%増と好調だった。商材別に見ると「ラグジュアリーブランドや時計、宝飾、美術など高額商材は、コロナ前の2019年の実績も超えた」とある。

 2021年6月の調査ではあるが、博報堂は「ニューノーマル時代の購買行動調査」を公開している。それによれば、オンラインでの買い物のイメージ・メリットは「すぐに欲しいものを見つけることができる」「安く購入できる」「(他の店・ブランド・商品と)比較検討しやすい」が6割を超え、店舗での購入は「安心感がある」が72.9%でトップとなった。同調査では、商品の値段に対して、オンライン・店舗どちらで購入したいか聞いたところ、1万円未満の商品は「オンラインで購入したい」との回答が過半数に、3万円を超えると、6割以上の人が「店舗で購入したい」となっている。

 2022年6月に発表された、NTTコム リサーチによる購買行動についての調査では、インターネット上の店舗で商品を購買しない回答者にインターネット上の店舗で商品を購入するデメリットを尋ねると、「配送料がかかる」が36.3%で最多、32.7%の「実物の確認ができない(商品やサービスの情報が十分でない)」、26.0%の「インターネットを利用しないでも、満足できる購入場所がある」の順となった。これらを受けて、ECでの高単価商材の販売について伊藤さんはこのように述べる。

「オンラインであっても、便利、経済的合理性以外のプラスアルファを顧客に提案しなければ今後の生き残りは難しいかもしれません。高単価商材はその商品単価に占める物流の原価率が低くなるため、ラグジュアリーな梱包で体験を高めるというアイデアがひとつあります。当社のクライアントでも一部取り組まれているところもありますが、多くはものを売る前のオンラインでのコミュニケーションに精一杯なのが現状です。当社は梱包資材会社と連携していることもあり、梱包素材の選定やデザインなどのご提案も可能になっています」

 しかしながらオンラインだけでは、店舗を歩いていてたまたま見つけた商品が気に入った、店員とのやり取りで自分では想像しなかったものに出会えた、といった驚きを含む体験の提供が難しいのも事実。だからこそOMOが注目されるわけだ。

 ECの覇者と言われる米Amazonは、2022年5月にアパレル店舗「アマゾン・スタイルAmazon Style」をオープンしている。アプリで二次元コードをスキャンして商品に関する詳細な情報を得たり、アプリ経由で試着室やレジでその商品を用意するよう依頼するなどテクノロジーを組み合わせた実店舗だ。「今後の成長のために、オンラインと店舗、双方の得意分野を活かすことが必要と考えたからではないでしょうか」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に
掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。
季刊『ECzine』定期購読はこちら 記事単体購入プランはこちら 記事読み放題プランはこちら

次のページ
動画活用で体験向上 新規事業として物流は別管理に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.22定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/11770 2022/10/19 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング