SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.20定点観測

クリエイターエコノミーと自動化で事業者に問われる勝負どころ

 EC事業者がおさえておきたい13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。リワイアの岡田さんに、Googleについて聞きました。※本記事は、2022年3月25日刊行の『季刊ECzine vol.20』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

クリエイター向け「Qaya」登場 リテールの垣根がさらに混沌と

 日本時間の2021年12月16日、Googleはウェブ上にクリエイターがストアを開設し、プロダクトやサービスを直接販売できる新サービス「Qaya」を発表した。取材時点ではアメリカ限定でベータ提供されている段階だが、岡田さんはクリエイターエコノミーの観点から注目する。

 「クリエイターのビジネス活動におけるウェブ全体のハブとして機能するように設計された統合的なストアフロントだということです。それぞれのSNSからQayaにリンクでき、動画や音楽、Podcastなどを紹介できるほか、他のプラットフォームで販売している製品やサービスをキュレーションすることもできます。マーチャントよりもさらに個人のアーティストやクリエイターにフォーカスしたサービスだと言えます」

 現状、クリエイターが作品を発表・販売したり、ユーザーとコミュニケーションを行うメディアは多岐に渡り、提供するプラットフォーマーも異なる。メディアごと機能も特化していることから、クリエイターはさまざまなメディアを行き来しなければならない。Qayaはそれを、クリエイターを主体として1箇所にまとめる場を作り、コマースへとつなげたわけだ。

 「クリエイターのリソースをすべてまとめる受け皿になると、Googleのような大規模プラットフォーマーでないと難しいですよね。Qayaにより、マーチャントとクリエイターの垣根が溶けたと言えます。Shopifyのマーチャントを見ていても、その特性がプロダクト寄りかアーティスト寄りかの違いで、大きな差がなくなってきていると感じていました。これまで型が決められていた商流以外でも、エンゲージメントを経済につなげることができるようになってきたからでしょう。Qaya自体が成功するかはわかりませんが、象徴的なサービスで流れが加速するのではと見ています」

 GoogleのEコマースに関するサービスの軸となるのは、 Google Merchant Centerである。商品情報をGoogleに登録することで、ユーザーが検索すると、Google サ ービス上のいずれかでその商品に出会いやすくなっているが、クリエイターにとってはそれほど相性が良くない面もあると言う。

 「商品情報の登録には、JANコードやブランド名が必要ですが、クリエイターによるデジタルアイテムの販売にはそもそも不要な情報です。Qayaはこれまでの商流に限定されない、トークンエコノミーにも対応するサービスだということでしょう。デジタルコンテンツはコピー可能であるという特徴が、お金に変えるという点では不利に働く部分もあったのですが、Web3では追跡可能になり唯一性がもたれるという前提ですから」

 なお、Qayaを取り上げたコラムを、リワイアが運営するコーポレートブログに掲載したところ、2万UUを超えるアクセスがあったとのこと。クリエイターエコノミーへの関心の高さがうかがえる。

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に
掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。
季刊『ECzine』定期購読はこちら 記事単体購入プランはこちら 記事読み放題プランはこちら

次のページ
YouTube広告でも進む自動化 自社の勝負どころを明確に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.20定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/11091 2022/03/11 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング