記事種別

電通とフラーが「アプリ戦略パートナープロジェクト」でDX支援 ビジネス全体に目を配ったアプリの開発へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2021/09/03 08:00

 電通とフラーが業務提携、「アプリ戦略パートナープロジェクト」を立ち上げた。DX化支援を行い、とくに、アプリを起点に事業のデジタル領域を支援する。

 事業価値を創造して顧客へ届ける電通と、事業価値からアプリ体験へのシームレスな開発を得意とするフラー社が連携し、市場分析・戦略構築・開発・マーケティング・運用までをワンストップで提案。課題設定をアプリ開発のみに限定することなく、企業のビジネス全体に目を配った理想的なアプリの開発が可能になる。

 コロナ禍をきっかけに多くの企業がDX領域での業務効率化に取り組むようになり、その波は今までデジタル領域を活動範囲としていなかった企業にも及んでいるが、デジタル領域の人材や経験が盤石でない企業にとっては、開発の要件定義や開発ベンダーへの発注作業自体が難しく、大きな不安や負担が発生している。

  この課題解決策のひとつには、プログラミング言語やITスキルが不要のアプリ開発パッケージがあるが、アウトプットが類似してブランドの独自性が薄まったり、ブランドの差別化が必須の業界においては、顧客のアプリ体験を自社ブランドの世界観と連携させることが重要であることから、パッケージ化されたテンプレートが不向きな場合もあった。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2019年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5