SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

コロナ禍でネットショッピング利用が1年で約8pt増 品揃えや価格以外に口コミも判断材料/まねーぶ調査

 GVが運営する、クレジットカードなどのお金に関する情報メディア「まねーぶ」は、全国20代~60代のネットショッピング利用者300人に利用調査を実施した。

利用しているネットショッピングサイトは「Amazon」「楽天市場」がツートップ

 利用しているネットショッピングサイトについては、1位が「Amazon」235人、2位が「楽天市場」227人、3位が「Yahoo!ショッピング」117人という結果に。fネットショッピングで何を購入しているかについては、1位が「日用品、雑貨」203人ともっとも多く、2位が「衣類・服飾雑貨」195人、3位が「趣味用品」189人と続いた。

ネットショッピングサイトを選ぶ理由は「品揃え」が最多 選ばない理由は「口コミが低評価」が多い傾向に

 ネットショッピングを選ぶ理由については、1位が「品揃えが良い」233人ともっとも多く、2位が「価格が安い」198人、3位が「配送料が無料」167人と続いた。

 欲しい商品を複数のサイトで見つけた場合などにどのサイトで購入するかの決め手を聞いたところ、商品価格や配送料の価格面と答えた人が多いのはもちろん、ポイント還元率を重視する意見が目立った。選ばない理由としては、口コミを重視する意見が多く、いくら価格が安くても口コミの評価が悪ければ選ばないという意見が目立った。思いついたときにすぐ買い物が容易にできて、すぐに自宅に届けてくれるのがメリットとされるネットショッピングにおいて、配送が遅い点やキャッシュレス決済不可の点も選ばない決め手になる人も多いと推測される。また、目に見えない相手とのやり取りであるため、必ず問い合わせをして、その対応で判断するという人もいた。

利用頻度は「1ヵ月に1回」、平均利用金額は「5,000円以上10,000円未満」が最多 支払方法は「クレジットカード」が1番人気

 ネットショッピングの利用頻度については、「1ヵ月に1回」と回答した人が34.0%ともっとも多く、次いで「2週間に1回」が23.7%、「数ヵ月に1回」が22.0%という結果でした。

 毎月の平均利用金額については、「5,000円以上10,000円未満」と回答した人が38.7%ともっとも多く、「5,000円未満」が38.3%、「10,000円以上30,000円未満」が18.7%と合わせて95.7%の人が30,000円以下ということが判明。

 ネットショッピングでの支払方法については、「クレジットカード」が259人と以降の「コンビニ払い」41人、「電子マネー」28人と大きく引き離してトップとなった。

買い物全体におけるネットショッピングの割合は2019年から2020年で7.7ポイントの増加

 買い物全体に対するネットショッピングの割合については、2019年が30.4%、2020年が38.1%という結果となり、7.7ポイント増加していることがわかる。人との接触減を意識したことで、以前まで近所のスーパーで購入していた食料品や日用品をネットでの購入に変更したという声や、おうち時間の増加で、自宅で楽しめる本やゲームなどの趣味用品や掃除用品を購入することが増えたという声も目立った。一方で、収入減により買い物自体が少なくなったという声もあがった。

ネットショッピングの注意点は「セキュリティ」を意識する人が多い

 支払方法の多様化や取扱商品の増加により、ますます便利になっているネットショッピングだが、直接商品を見ることができないことでのトラブルやセキュリティ面に不安を感じる人もいる。

ネットショッピング利用者の声(注意点・気をつけていること)

  • 服や靴などを買う時には、必ずそれぞれサイズを細かくチェックするようにしている。口コミなど実際に購入した人の実体験をしっかりと下調べしてから商品を購入している。
  • カードでの購入手続きは買いすぎに注意し、家計簿をつけて支出管理は怠らないように心がけている。
  • 節約のため、急ぐ必要のない標品に関しては値動きの動向が見られるアプリを導入している。
  • 個人情報の流出には気をつけている。カード番号が漏れないよう、カード番号は登録必須のサイト以外はその都度入力するようにしている。
調査概要
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2020年12月28日~2021年1月2日
  • 調査対象:全国20代~60代ネットショッピング利用者300人
調査回答者の属性
  • 性別:男性33.7%/女性66.3%
  • 年代:20代19.3%/30代37.3%/40代27.0%/50代13.3%/60代3.0%
  • 婚姻・子供:未婚・子なし46.0%/未婚・子あり1.0%/既婚・子なし19.7%/既婚・子あり33.3%
  • 職業:正社員28.7%/契約社員・嘱託社員2.3%/派遣社員2.3%/パート・アルバイト18.7%/フリーランス・業務委託7.0%/自営業・自由業6.7%/専業主婦(主夫)24.0%/学生1.7%/無職8.7%
  • 年収:100万円未満35.3%/100万円以上~150万円未満8.3%/150万円以上~300万円未満20.7%/300万円以上~500万円未満21.3%/500万円以上~700万円未満9.3%/700万円以上~1,000万円未満3.3%/1,000万円以上1.7%

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/9073 2021/04/11 05:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング