SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

通販特化型MAツール「スクロールMA」提供開始 CRM強化でEC・通販事業者のマーケティングを支援

 スクロール360は、EC・通販事業者のマーケティング支援として、通販特化型のマーケティングオートメーションツール「スクロールMA(スクロールエムエー)」の提供を開始。CRMによる顧客との関係強化および新規顧客獲得の効率化など、EC・通販事業者のマーケティング領域の課題解決を支援する。

 これにより、EC・通販事業者における顧客との関係性強化などのフロント部分から、物流代行、受注代行などのバックオフィス業務の効率化まで、トータルでサポートするためのサービスメニューをより一層強化することができるという。

 これまでのMAツールはEC・通販事業に特化したものが少なく、ツールを導入したものの使いにくい、物流との連動性がないといった課題があった。そこで同社は、DBマーケティングに強みを持つスプリームシステム社と提携し、EC・通販事業に特化した同ツールを共同開発。EC・通販事業者のマーケティング分析、施策実行(メルマガ配信、同梱物制御等)を、高品質で実行することができる。

 同ツールの特徴は、次のとおり。

通販領域に特化

 これまでのMAツールは、幅広い事業領域に対応するために汎用的な機能が多く実装されていた。同ツールでは、EC・通販事業に必要な機能を用意。EC・通販事業に特化することで、特に重要な「新規顧客獲得からリピート購入の流れ」を細分化し、ポートフォリオ分析、ディシジョンツリー分析、セグメント分析などを素早く実行、施策に反映することができる。

手軽に素早くリアルタイム分析が可能

 EC・通販事業に必要なさまざまな切り口での集計・分析を実行するためには、事前に集計加工済みデータを用意することが一般的となっている。同ツールでは強力な集計機能により、事前に集計加工済みデータを作る必要がなく、生データを元にリアルタイムに画面上で分析を行うことができる。

物流サービスとも連携

 これまでのMAツールは、メルマガなどのオンライン施策はスムーズに実行できるものの、商品の同梱物にクーポンチラシを入れるなどといったオフライン施策は、MAツール外でコントロールする必要があった。同ツールでは、同社が保有する物流システムと連動し、同梱物マーケティングもワンストップで実行することが可能。

充実したサポート体制

 MAツールにおける、導入までに時間がかかる、導入後の施策実行がうまく進まない、といった課題に対し、同ツールでは導入時のサポートのほか、導入後のマーケティング戦略もコンサルタントが支援する(一部有料)。過去のEC・通販ノウハウを反映させた分析、施策実行が着実に進行するようにEC・通販事業者に合わせた体制を構築していく。

運用代行も可能

 MAツールの導入、運用を行うなかで、人手が足りないという場合は、分析や施策実行の運用ルールなど相談のうえで、MAの運用代行を請け負うことも可能とのこと。

スクロールMAの画面イメージ

顧客推移を通販に適した切り口で分析、可視化
顧客推移を通販に適した切り口で分析、可視化
売上軸・顧客軸・商品軸・その他軸での100種以上の豊富な分析機能
売上軸・顧客軸・商品軸・その他軸での100種以上の豊富な分析機能
売上軸・顧客軸・商品軸・その他軸での100種以上の豊富な分析機能
売上軸・顧客軸・商品軸・その他軸での100種以上の豊富な分析機能

 サービス開始時点では、主に定期販売商品のEC・通販事業者にフォーカス。今後、1年以内を目処に、品揃え型のEC・通販事業者にも使いやすいものになるよう、サービスを増強していくという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/8387 2020/10/06 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング