SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

SBがIoT宅配ボックスサービス事業化に向け実証実験 サブスク型、専用アプリで解錠や配送状況確認

 ソフトバンクは、物流業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を目的に、IoT宅配ボックスサービスの事業化に向けた実証実験を行う。パナソニックおよびビットキーの協力のもと、両社が共同開発したIoT宅配ボックスを用いて実証実験を行い、2020年度内の事業化を目指すという。

 近年、物流業界では、労働人口の減少により配達員が不足する一方で、ECの拡大により宅配便の取扱個数が増加し、高い再配達率が深刻な課題となっている(国⼟交通省が実施した2019年10⽉期「宅配便再配達実態調査」によると、再配達率は15%)。

 また、新型コロナウイルスの影響拡大を受けて非対面での受け取りニーズが高まるなかで(パナソニックが実施した「宅配便受取に関する意識調査」によると、荷物の受け取り⽅として約70%の⼈が「⾮対⾯がよい」と回答)、「置き配」の普及にともなう盗難被害なども問題視されるようになり、防犯性に優れた宅配ボックスの需要が高まっている。

 同社は、通信事業を基盤に最新技術を活用した産業のデジタル化に取り組んでおり、その一環として物流業界の変革に注力。新たにIoT宅配ボックスサービスの事業化を通して荷物の「受け取り方改革」の実現を目指すことで、物流サプライチェーン全体の効率化に向けた取り組みを加速させたい考えだという。

 新事業では、主に一戸建ての居住者向けに、初期費用不要のサブスクリプションモデルによるIoT宅配ボックスサービスの提供を目指す。スマートフォン向けの専用アプリを使ったBluetoothによる解錠機能のほか、集荷をともなうほかのサービスとの連携なども視野に入れており、住宅業界や家庭向けインフラ業界と協力した販売活動などを検討。同実証実験では、ソフトバンクが自社の社員を対象にIoT宅配ボックスおよび専用アプリを提供し、システムの実用性やユーザーの利便性を検証する。

 使用する宅配ボックスはパナソニックとビットキーが共同開発したもので、専用アプリとBluetoothで接続して操作することにより解錠可能。耐久性・耐候性に優れ、工事不要で設置できるパナソニックの宅配ボックスに、ビットキーの高セキュリティーなデジタル認証技術を活用した鍵の開閉機能を備えることで、ユーザーの利便性と安全性を確保している。また、専用アプリでは、宅配ボックスの解錠のほか、荷物の配達予定日時や配送状況の確認などを行うことができるとのこと。

実証実験の概要
  • 期間:2020年9⽉上旬〜11⽉上旬(予定)
  • 対象者:埼⽟県、千葉県、東京都、神奈川県に在住するソフトバンク社員
  • 各社の役割
    ソフトバンク:事業化に向けた検証、IoT宅配ボックスおよび専⽤アプリの提供
    パナソニック:IoT宅配ボックスの開発(宅配ボックス本体の製造)
    ビットキー:IoT宅配ボックスの開発(デジタル認証技術「bitkey platform」の提供)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/8242 2020/08/31 06:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング