SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

アイスタイル、「オンライン美容部員プロジェクト」開始 STAFF START運営会社との連携も

 アイスタイルは、「非対面接客」に関するさまざまなソリューションを提供し、新型コロナウィルスの感染拡大によって化粧品ブランドおよび美容部員の方々が抱えている課題を解決するプロジェクト「オンライン美容部員プロジェクト」を開始することを発表。プロジェクトの概要は次のとおり。

1.オンライン美容部員の委託・育成サポート

 アイスタイルグループの中で、美容領域に特化した人材事業を行うアイスタイルキャリアを中心に、各ブランドが抱える美容部員のオンライン上でのコミュニケーション設計を支援し、デジタルマインドの高い美容部員の育成する(1)「活動支援サービス」と、オフラインとオンラインにおける接客両面のスキルを持つ美容部員でチーム構成する(2)「店舗運営代行サービス」を提供する。

2.店頭スタッフのデジタル接客を可能にするサービス「STAFF START」の化粧品ブランドへの導入の独占サポート

 店舗スタッフがSTAFF STARTアプリを通じて発信するコンテンツで、EC売上を推進、アプリ経由での売上の可視化を実現するサービス「STAFF START」を運営するバニッシュ・スタンダードと提携。同社が提供する、STAFF STARTの独占窓口となることを通じて、実店舗で働くブランドの美容部員の情報発信による、ブランド公式EC活性、および店舗とECの融合をサポートする。

3.共通カウンセリング台帳のオンライン活用

 非対面接客が進むにつれ、「オン/オフラインを横断した形での顧客データの管理」や「カウンセリング内容の管理共有に向けたツール」、「化粧品専門店/ドラッグストアを巻き込んだ形の非対面接客の実現」などが必要になる。アイスタイルでは、すでに自社で運営するコスメセレクトショップ「@cosme TOKYO」および「@cosme STORE横浜ニュウマン」で導入している、店舗・ブランドを横断したオンラインのカウンセリング台帳「共通カウンセリング台帳」をこれらの課題に対する解決策として捉え、オンライン美容部員時代を見据えた機能の追加開発を進めていく。

4.オンライン美容部員研究所の立ち上げ

  ①オンライン美容部員サービスに関する事例研究、②生活者意識の把握等のユーザー調査、③レポートや記事執筆、④イベント開催などを通して、非対面接客に関する情報提供を行う「オンライン美容部員研究所」を立ち上げる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/8065 2020/07/01 14:45

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング